line_box_head

横須賀にあるSYOKU-YABO農園って知っていますか?no en no life開催!

(2016.09.28)

フェスのTOP

icon

画像

大楠山登山口の入り口にあるSHOKU-YABO農園。三方が森に囲まれた自然が残されている場所。

画像02

個性的なショップが10店舗以上出店。ショップの人と会話も、フェスの楽しみのひとつ。

画像03

野菜はもちろん、調味料にまでこだわったSHOKU-YABO農園のメニュー。ここでしか味わうことのできない「食」。

画像04

手作りでのステージでのライブ。大音量のライブではないけれど、自然の中だからこその味わいもある。

 東京からも近く、気軽にハイキングができる大楠山のふもとの横須賀市芦名地区にある農園&青空食堂がSYOKU-YABO農園。三方を森に囲まれた緑が豊かな場所にある農園で採れた野菜を調理したメニューは、身体にも優しい。

 このSYOKU-YABO農園でワンデイ・フェスが開催される。フェスのタイトルは「no en no life」。

「no en no life」は2014年に一回目を開催。その時は、SHOKU-YABO農園と千葉のBrown's Fieldという別の会場をツアーするようなスタイルで、2日連続で行われた。Brown's Fieldは、料理研究家の中島デコさんがプロデュースするエコビレッジだ。

「no en no life」をオーガナイズしているのは、カメラマンのYEAthさん。「ぼんやりと、どこかで音楽イベントをやりたいな、なんて思っていました。SYOKU-YABO農園ではオープニングイベントのPeacenicでの撮影や、SYOKU-YABO農園の野暮長のやすさんのバンド(ラクダ盤)の撮影もしたりしていたり、そんなタイミングでBrown's Fieldの方にも友だちが店長をやるってことになり。関西のミュージシャンも呼んで、農園ツアーをしちゃおう!ってことになりました」とYEAthさん。

 SHOKU-YABO農園は、20年もの間、荒地になっていた場所を、やすさんらが開墾してスタートさせた農園であり、楽しい食を世に広げる野望を実現させる農園だ。

「僕がここで開催する意味としては、SYOKU-YABO農園のご飯や空間を知ってもらいたいという思いからです。都内からは少し距離があるかもしれませんが、やっぱりちょっと躊躇する距離ではあると思いますが、一度訪れちゃえばまたひとつのキッカケになるんじゃないかなと思っています。昼間から夜まで一日中遊べる農園なんてなかなかないですよ。SYOKU-YABO農園のご飯は、本当に美味しいんです」

 一日をそこで過ごすためのコンテンツ、つまりライブや出店も充実している。

「縁を紡いでいって。園に円で踊り、宴を延々と望みたいと思います」とYEAthさん。

 都内から少し離れているとYEAthさんは語るけれど、SYOKU-YABO農園の里山の風景の中に足を踏み入れると、「都内からこんなに近いのに、こんな場所があったのか」と感じられるはず。農園で食を考え、ライブなどによって一日を楽しむ。秋にはうってつけのフェスだ。

no en no life

開催日:10月1日(土)
会場:SYOKU-YABO農園(横須賀市芦名2-1700)
出演:unnos、モミーFunk!、PB WEDNESDAY! styler、Indus&Rocks、gnkosaiBAND、kirim、他

 
 
 

 
 

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot