• フェス

フェスおじさんの「フジロックはこれを見なきゃ」第一回 アメリカの精神 スタージル・シンプソン

2017.04.12 Wed

菊地 崇

菊地 崇 ライター、編集者、DJ

 いよいよ出演日別のラインナップも発表され、ゴリラズ(金曜)、エイフェックス・ツイン(土曜)、ビョーク(日曜)のヘッドライナーをコアにして、どんなアーティストのライブを見ようか、考えはじめたフジロック・ファンも多いに違いない。そこで今年も「これは見逃せない!おすすめアーティスト」を紹介していきます。第一回目はスタージル・シンプソン。アメリカ・ケンタッキー州出身のシンガー・ソングライターだ。

 1978年生まれというから今年で39歳。レコード会社のプロフィールによると、父親の影響でブルーグラスやカントリー・ミュージックに触れ、しだいにロックやソウルなどジャンルレスな音楽を吸収していったという。自主制作でファーストアルバムを発表したのが2013年。このアルバムが全米で注目を集め、翌年にはセカンドアルバムをリリース。グラミーでベストアメリカーナ部門にノミネートされた。「ボナルー」や「ローラパルーザ」といったビッグフェスに出演を果たした。

 そしてメジャーレーベルであるアトランティックと契約。メジャーからのファーストとなる『ア・セイラーズ・ガイド・トゥ・アース』を発表。このアルバムは、グラミーの主要部門である最優秀アルバム賞と、最優秀カントリー・アルバム賞にノミネートされた。日本でも今年2月にリリースされた。

 アルバムからは、カントリーありビッグバンドあり、アメリカの多様な音楽が聞こえてくる。アアルバムはもちろん、ライブもいいという評判が聞こえてきている。日本以上にライブシーンが日常に密接に繋がっているアメリカにおいて、カントリーをベースにしたバンドのライブが悪いわけがない。しかも30代後半になってのデビューなのだから、ライブや音楽のクオリティが認められているのは明らかだ。フジロックでは、アメリカのルーツミュージックを、存分に味わえる時間になることは間違いない。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Taro Muraishi アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生 編集者、ライター、イベント制作

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧