• フェス

今年のフジロックはこれを見なきゃ! 第3回 アメリカの良心 WILCO

2016.05.07 Sat

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 94年に結成し、翌95年にアルバム『A.M,でデビューしたウィルコ。幾度のメンバーチェンジを繰り返しているが、2004からは結成当初から残っているボーカルのジェフ・トゥイーディーとベースのジョン・スティラットのの二人を中心に固まっている。日本には2003年の初来日以来、2011年のフジロックを含め、4度来日している。

 オルタナ・カントリーとして日本には紹介されたウィルコ。カントリーというよりも、60年代から70年代にかけての良質なロックを継承していバンドだ。知名度や人気が日本と本国では雲泥の差があるバンドがあるけれど、ウィルコもそんなバンドのひとつだ。アメリカでは「国民的ロックバンド」と称賛されている。アメリカ有数のビッグフェス、ボナルーが10回目の開催を迎えた時、ファンを迎える壁面に、過去の出演者がピックアップされ、イラストで掲載していたけれど、そのひとつにウィルコがあった。

『ローリング・ストーン』誌は、「常に大きな関心を引くアメリカのバンドのひとつ」、「アメリカ最高のロック印象派」などとウィルコのことを表現しているほどだ。

 ライブによって培われていったテクニックと感性を、音で構築してく。多角的で上層的なサウンドは、その場所、その時間でしか味わえない多幸感をもたらしてくれる。前回のフジロックは、ホワイトステージのヘッドライナー。グレイトフル・デッドのサウンドとスピリットを引く注ぐバンド、ダーク・スター・オーケストラと重なってしまったため、残念ながらフジロックのウィルコは見ていない。今年こそは、「アメリカの良心」と呼ばれている彼らを必ず見なくっちゃね。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧