line_box_head

【行ってみた】季節外れの無人小屋泊、オンナ2名のニュージーランド山歩き(前編)

(2016.08.14)

登山のTOP

icon


 今回は過去体験をほじくり返し、数年前の6月に訪れた「ニュージーランド」のある短い山歩きをご紹介します。南半球の6月と言えば冬の初め。ここ連日酷暑続きの日本ですから、脳内くらい涼しくいきましょう。
 
 日本と同じく島国であるニュージーランド(以下NZ)は南島と北島に国土がわかれ、いずれの島にもたくさんの山歩きのコースが存在します。NZでは山歩きのことを「トランピング」と呼び、トレイルのことを「トラック」とすることを基本情報としてまずは覚えておきましょう。

 日本の登山は登山口から稜線を目指すのが一般的であるのに対し、NZのトランピングは山頂を目指すのではなく、森や谷、川沿いなどを歩いたり、ときに峠を越えるなど、自然のなかを歩くことそのものを楽しむようです。トラックにはハット(山小屋=有人や無人)が点在し、それらをつないで何日もかけて歩くスタイルが人気のようです。

 トラックの種類は、NZを代表する「ミルフォードトラック」や「ケプラートラック」のように道やハットがすばらしく整備されている「グレートウォーク」と呼ばれるもの(NZ国内に9本ありハットもすべて要予約)と、それ以外の「バックカントリートラック」と呼ばれるトラックとがあります。
訪れたバックカントリートラック「Mt Somers Track」
 後者は数時間ほどで歩けるものから、明確な道がない原野を地図や目印を頼りに歩いたり、川を渡渉したりするような難しいもの、なかにはクライミング技術を伴うようなものまであり、ハットも設備が充実したものから、風雨をしのぐ程度のものまでさまざまです。

 そのときAkimamaスタッフが滞在していたのは、南島のクライストチャーチ。日本からの出張の合間に2日間ぽっかりと空白の時間が生まれたことから、仕事仲間と急きょどこかの山へ遊びに行くことにしました。

 目的は「ハット利用の1泊2日でお気軽な山歩き」。
 とはいえ地図もなければ、具体的な行き先のイメージがあるわけでもありません。

 そこでまずリサーチに用いたのが、現地のDOC(=Department of Conversation=自然保護局)のサイト。NZ国内に何百とある山のハットは国営で、DOCが管理しています。また数段階にランク分けされていて、料金も無料~$15まで。

 このサイトでクライストチャーチから近い山域にある「ゴキゲンそうなハット」を探すことから始めました。

 「これだ!!」

 探すこと小一時間。最終的に絞り込んだのが、クライストチャーチからクルマで1.5時間ほどにあるMt Somersエリアの「Woolshed Creek Hut」。

 検索結果によると、登山口からハットまでの道のりは約4.5km。宿泊は大人1晩15ドル(1,100円ほど)で予約も不要。マットレスを備えた睡眠スペースが26床あり、薪ストーブ付きとな! しかもごっつキレイそうですやん!

「ここしかないでしょ!」

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot