line_box_head

バターを落として仕上げ!「ものぐさ男の山ごはん㊹」はパウチ焼き鮭で満足感マシマシのあったか石狩リゾット

(2019.10.10)

ごはんのTOP

icon

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 いよいよ秋が深まってきましたが台風がまたやってきてますね。しかも週末に合わせるかのように……。お仕事も外遊びもお気を付けください。さて、今回のレシピは久しぶりのごはんもの。またレシピというかTips要素が強めですが。今回作るのは秋らしく鮭を使った「石狩リゾット」。

 用意する材料はコチラ。
 まずは「北海道産鮭の粕漬焼」、それからインスタント味噌汁の「豚汁」と「長ねぎ」。
セブンイレブンのお総菜には他にも「銀鮭の塩焼」や「金の鮭ハラミ西京焼」など鮭にもいろいろ種類があるんだけど、今回は粕漬焼をチョイス。

 今回は前回みたいに試してみた!みたいなことやりません。どれでもおいしいと思います(笑)。

 味噌汁も具が多い感じと濃い目の味噌味がよかったんで豚汁と長ねぎをチョイスしました。でも長ねぎの方はお好みで選んでもいいんじゃないかな?ナスと迷いました。

 人数いれば種類増やして量も増やしてもおいしそうです。

 それと今回はリゾットですからごはんが必要。おにぎりではなくてパックごはんを使います。
 セブンイレブンはパックのごはんも豊富。

 そのおかげで1パックのみの販売があってうれしい。だいたいこの手のパックごはんは3パックとか5パックのものが多いんだけど、セブンイレブンは1パックのごはんだけでも「一膳ごはん150g」「金芽米ごはん160g」「ごはん180g」「ひとめぼれ200g」と4種もある! 量が違うってのはわかるけど、逆に正直こんなに必要なのか……? 実際全部置いてあるのみたことないような……(笑)。今回購入したセブンも1パックものはこのひとめぼれしか置いてませんでした。でもどこのセブンでも1パックものの商品どれかはあるんじゃないかと思います。

 さて、それではさっそく作っていきましょう。

 まずはコッヘルに水を200㏄くらい。まぁ、目安としてはコップに一杯って感じ。それを沸かします。で、フツフツしてきたらごはんを投入。
 ほぐしながらさらに過熱。再びフツフツしてきてごはんがあったまったら味噌汁を投入。
 かき混ぜて鮭を入れます。
 このままでもおいしそうなんだけど……。

 鮭をほぐして温まったくらいで火を止めて、そこにバターと粉チーズと黒コショウを入れて完成です。
 おぉ。みるからにおいしそう。

 では実食。

 豚汁と長ねぎのみそ汁の具がいい仕事をしている。具だくさんで贅沢だ。

 それから鮭の粕漬の香りが味噌と合う。バターと味噌の相性はもちろんですがコショウとチーズのおかげですこしだけ洋風な味わいになってます。いやー、寒い時期にオススメのカラダ温まる味わいですな。200gのごはんのおかげで一人で食べたらおなかいっぱいです……。

 さて来月はどんなレシピかな? お楽しみに!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot