line_box_head

密林に埋もれた鉱山都市を歩く、歓喜の別子銅山トレッキング&キャンプ

(2019.08.15)

登山のTOP

icon


 愛媛県の東予地方に位置する「新居浜市」、「西条市」、「四国中央市」を舞台に、2019年4月20日から11月24日まで開催している地域振興を目的としたイベント〈えひめさんさん物語〉。
 このエリアは、西日本最高峰の石鎚山(1982m)から、赤石山系、翠波峰へと続く長大な山脈を擁し、川や湖、そして海と、豊かな自然に恵まれたとびきりのアウトドアフィールドなのです。横浜から夜行寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って東予にやってきた、旅好きの茜(あかね)と岬(みさき)の二人の物語。第1回に続き、第2回目の今回は、「フィールド編」と題し、”東洋のマチュピチュ”ともいわれる、東平周辺の旧別子銅山トレッキングへ出発です。


先に言わせて! いよいよ(伊予)、やってきました! さっき新居浜に着いたばかりだけど、天気がちょっと心配なので、まずはマチュピチュに行こうよ!


いーよ(伊予)! マイントピア別子まで行けば、レトロな鉱山電車にも乗れるし、別子銅山のことをちゃんと予習もできるテーマパークにもなってるしね


 別子銅山は、江戸時代1690年に発見され、1973(昭和48)年の閉山までの283年間で、約65万トンの銅を産出し、日本の近代化を支えた銅山で、工業都市・新居浜市発展の礎となりました。その別子銅山の施設跡を利用した体験型複合施設が、マイントピア別子です。マイントピア別子は、道の駅も併設され、最後の採鉱本部があった端出場ゾーンと、最盛期の拠点であった東平(とうなる)地区を開発した東平ゾーンとがあります。東洋のマチュピチュと呼ばれるのは、最盛期には約5000人もの人々が暮らした町や施設の遺構が、南米インカ帝国の遺跡マチュピチュを彷彿とさせる東平周辺です。

トロッコ列車にも乗れて、鉱山見学もできて1200円は安〜い。それに温泉もあるし、バーベキューもできるんだよ

ココだけで1日遊べるって、すごくない? 砂金も採れるし、しいたけ狩りも! でも、愛媛に来たからには、やっぱりコレでしょ! ここのイチ押し、伊予柑ソフト!


なに、これ〜、ウマーい、丸ごとミカンじゃん!

坑道の中は、冷んやりして涼しい! 暑い夏の観光には、いいかもね。

予習もバッチリだし、天気が悪くなりそうだから、早く東平に行こうよ!


 東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子銅山の採鉱本部が置かれた中心地で、掘り出された銅の鉱石を坑内電車で運搬し、ここで選鉱した後、貯鉱庫に貯め、索道を利用して、現在のマイントピア別子(端出場ゾーン)のある端出場へと輸送する中継所となっていたところ。この220段の階段も、もとはインクラインと呼ばれ、この場所には当時、端出場から索道を通じて運搬された物資を、さらに高地に運ぶためのケーブルカーのような施設がありました。

多い時には、社員や家族など約5,000人が共同生活する町でもあり、病院や小学校、郵便局、生協、プール、娯楽場などの施設もあって、とっても賑やかだったんだって。

今では、ほとんどの施設が取り壊されて、植林によって、すっかり森の中に埋もれてるけどね。

着いたよー! ここが今日のハイライト! 索道基地跡と選鉱場跡、貯鉱庫跡だって。

100年以上も前に、こんな山奥に人が作ったって、すごくない?

1 2 3 4
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot