line_box_head

「ココがどこだかをキチンと伝える、レスキュー看板!」の話、その2

(2013.05.17)

登山のTOP

icon

nasu1

那須岳に設置されたナンバープレート。緊急時には、ここに書かれた電話番号に連絡をして、「9番」と応えるだけで、場所が特定されるようになっています

nasu2

那須連峰の最高峰は、標高1,915mの茶臼岳。風の通り道としても知られた場所で、ときに強風による遭難事故が起こってしまうことも

nasu3

「登山カード」や「入山届」も、山に入る際のエチケットです。人気のある山には、入下山口に登山カードBOXが設置されていることも多いので、しっかりと利用しましょう

 アウトドア、登山の世界では、レスキューは大きな問題ですよね。前出の記事「ココがどこだかをキチンと伝える、レスキュー看板!」にもあった、レスキューポイントの看板ですが、先日行った那須の茶臼岳でも発見しました。
 
 こちらは、2010年の秋に那須岳の地元、那須山岳救助隊の方々が「遭難時の位置把握」のために、登山道沿いに番号プレートを設置したものです。万が一の遭難時には、救助するほうも場所の特定に難渋することが多かったようで、その対策案がいろいろと練られていたみたいです。このナンバープレートの設置以降は、ピンポイントでの現場到着が可能になったそうで、救助する側にもされる側にも利すること大なりですね。

 ナンバープレートは、那須山岳救助隊のホームページ『那須トレッキングガイド』に掲載された「登山ガイドマップ」(下の地図参照)に連動するようになっており、遭難者が番号を伝えるだけで、その場所が視覚的に把握できるようにも工夫されています。
                                               [那須山岳救助隊 那須トレッキングガイド]

                                        
 備えあれば憂いなし。

 もちろん、遭難しないのがいちばん大切なことですが、万が一のときのためにこの「レスキュー看板」のことを知っておくのは無駄ではありません。入山前にひと調べして、そんな備えのあるなしを把握してみてはいかがでしょうか。この“ひと調べ”も、安全な登山に繋がる行為だと思います。

 山のシーズンもいよいよ本格化してきます。みなさん、心して山に入りましょう!

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot