line_box_head

孤高の老登山史家が語るマナスル登頂60年目の真相とは?

(2016.02.27)

登山のTOP

icon

 布川欣一(ぬのかわ・きんいち)、1932年生まれ。御年84歳。知る人ぞ知る登山史家である。登山家としては大した登山をしていない。だが、登山の歴史にはめっぽう強い。寄せる老いに衰えを隠せないが、まだまだ元気だ。おっとり爺さんに見えるが、弁舌は滑らかで舌鋒鋭い。歴史に対して独自の解釈をする立場を守るため、登山史研究の拠点である日本山岳会などの団体には属さない。孤高の論者だ。長く出版社勤めをして、40代の半ばになって高校の社会科教師に転じ、定年まで勤めあげた。その後は登山史研究に邁進し、高齢を気にかける家族との同居を拒み、資料の山の中に独居する。いつもはぐらかされるが、登山史の解釈に悩んだ時、迷わず訪ねている。その日も電車に揺られて埼玉県中東部の田園風景の町まで小旅行。いつもの喫茶店で御大と対した。

1956年5月9日、今西壽雄、ギャルツェン・ノルブの2人が、マナスル(8163m)の初登頂に成功する。写真は、今西氏が撮影した頂上に立つギャルツェン。(写真提供=松田雄一)

——今年は、マナスル登頂から60年の記念すべき年です。
布川(以下なし) だから?
——先生は何も感じないの? リアルタイムで見てたでしょ?
 感じなくはない。やはり8000m峰のパイオニアワークは価値があったよ。僕は当時24歳だった。駆け出しの編集者でね、まだ登山史に深入りしてなかったけど、マナスル登頂の報に興奮した。やんやの大喝采だった。しかし、それから60年経って8000m峰も全部登られた。“山は真っ平らになった”と、よく言ってんだ。金さえ積めば誰でも行けるんだから、山に登るのも平地を歩くのも同じだ。60年前と同じことやっても意味ねぇよ。パイオニアワークにならんでしょ。
——そんなの分かってますよ! だから、言いたいのは、パイオニアワークの今なんだ。マナスル登頂の当時、この国は高度経済成長の上り坂を進み始めた。誰もがパイオニアであろうと志した。それを後押ししたのがマナスル登頂だったんでしょ。
 ほうー、見てきたようなこと言うね、若者よ(笑い)。
——講釈師と物書きは、見てきたような嘘を言うもんでしょ! どうして先生は、いつもそうなの?
 僕の性分よ。勘弁して。
——まあいいけど、国民の心をマナスル登頂が盛り上げた。
 そこが嫌なんだ。国威発揚に登山の業績を使う語り口が。
——先生は軍国少年だった?
 当たり前よ! 国民小学校時代に国を守ることこそ男子だと叩き込まれた。で、終戦の年が13歳で旧制中学の1年だ。民主主義ってのが始まった。僕は戦中の反動で左翼になったよ。上がった中学は札幌一中(現・札幌南高校)だった。そこに2年いたら旧制中学の前半3年を新制中学にするってんだ。そのうえ、あれは進駐軍のさしがねだったな。無理やり共学にして地区割の義務教育になったわけ。僕は札幌の西に住んでたんで、南の一中から西の中学に変えさせられた。何で? 必死に受験勉強して一中に入ったのに、何これって感じでさっ。反米にもなったよ。そんな思想かぶれの青二才を見かねた担任教師が、「お前は本を読むより山へ行って頭を冷やせ!」って言ったの。あの教師は凄ぇヤツだったんだよ。北海道帝国大学でバリバリにならした登山家だった。で、僕も山に行った。札幌郊外の低山。教師といっしょには行かなかった。いつもひとりで山を歩いた。そうすると、いいじゃない。何より気持ちいい。頭がすっきりする。山ってもんは、国のこととは関係ない。もっと個人のものだ。だから、国威発揚なんていうようなもんに、マナスル登頂だとか東京オリンピックだとかを利用するなっ!
——そりゃぁ先生、ナショナリズムに対するアレルギーだ。
 言うねっ、若いの。
——すいません。
 う〜ん。新制高校を出てね、僕は帝国ってのが取れた北海道大学に進んだんだ。スキー山岳部には入らなかった。学生新聞やってたんだど、山へは登り続けたよ。その頃、スキーで凄い同級生がいた。当時の北大はインター・カレッジ2部の中で低迷してたんだけど、そいつが滑降、回転、大回転、さらに距離まで出場して、どんどん勝って北大を2部優勝に導いた。三浦雄一郎だよ。向こうは覚えてないだろうけど、在学中に何回か話したな。その後の彼の登山……。すまんが僕は否定的だ。

 で、マナスルだっ。計画が始まったでしょ。いよいよ来たなって感じで固唾を飲んで見守った。まず、後にサル学を切り開く京大の今西錦司が隊長で、偵察隊だ。そして翌年は第1次登山隊。慶應出身で、卒業後はヒマラヤ行きたくてインドに拠点を持つ貿易会社に就職した三田幸夫。これが隊長。登攀隊長は高木正孝だ。旧制成蹊高校から東京帝国大学に行って、ヨーロッパに留学し、アルプスの氷雪登山を経験して帰ってきた30代。すぐ下のキャンプでサポートしたのが高木と同世代の加藤泰安。この人は旧制学習院の高等科から京都帝国大学へ進んだ今西錦司の懐刀よ。戦前、戦中に朝鮮、満州、蒙古の登山、探検を繰り返して極地法をいち早く身に付けたマネージメントの天才だ。まさに東西の雄。高木と加藤のコンビは当時の日本登山界で最強だったと思うなっ。そのうえ加藤喜一郎、山田二郎っていう慶應を出たばっかりの若くてピンピンしたのが、体力を温存しながらアタックの時が来るのを待った。これ以上ない布陣だったよ。

1 2 3
 
 
ライター
藍野裕之

(あいの・ひろゆき)1962年、東京都生まれ。文芸や民芸などをはじめ、日本の自然民俗文化などに造詣が深く、フィールド・ワークとして、長年にわたり南太平洋考古学の現場を訪ね、ハワイやポリネシアなどの民族学にも関心が高い。著書に『梅棹忠夫–限りない未知への情熱』(山と溪谷社)『ずっと使いたい和の生活道具』(地球丸刊)がある。

line_box_foot