line_box_head

台風19号が日本に向けて接近中。10月13日14日に開催予定の結い市(茨城県結城市)に見通しを聞いてみた。

(2019.10.09)

フェスのTOP

icon

 野外フェスは自然環境も受け入れなければならないと十分に理解しつつも、今年は台風や雨による開催中止などが例年以上に多い。今日(10月9日)、台風19号の接近にともなう悪天候や交通の乱れが予想されることにより朝霧JAMの開催中止が発表された。11日から小笠原で予定されていたOGASAWARA MUSIC FESは、出航予定だった船の欠航により、ミュージシャンやスタッフの一部が小笠原を訪れることができなくなり、現地スタッフとミュージシャンによって規模が縮小されて開催される見込みだ。

 他にも、今週末に開催予定だった野外フェスやイベントは多い。茨城県結城市で開催予定の結い市もそのひとつ。マーケットをメインとした街中フェスとして、地域の活性化という視点からも注目を集めているフェス。マーケットはクラフトなどの手作りの作品が中心で、結城という歴史のある街の古い建造物も会場となっている。街の雰囲気や出展しているアーティストのクオリティなどが相乗効果となって、年を重ねることに注目を集め、今年で10回目を数える。この結い市の開催予定日は土日ではなく、13日と14日の日月。台風接近にともなう開催の可否を結い市実行委員会に聞いてみた。

「現在のところ開催する予定です。結い市の主な出展会場は、街の建物のなかになります。屋外についても区画のみの提供で、当日に参加者さんが来ての設営が主です。前日のステージや会場設営は他のイベントと比べてあまりありません。また13日(日)スタート時(11時)には影響の少ない位置に通過していることの予報もあります。したがって現在のところ開催する予定です。

 今後、台風の予想進路、警報等の状況で変更する可能性もございますので、万が一13日を中止や開催時間を遅らせる場合は、前日の土曜日(10月12日)の午前中にあらためて特設サイトなどでご連絡させていただきます。

 ただし、翌日(14日)は台風一過となり開催できると見込んでおりますので、13日を中止にしても14日は開催させていただきます。みなさまのご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます」と実行委員会の野口純一さん。

 野外フェスやイベントのひとつひとつに、多くの人の思いが込められている。できれば気持ちいい天気のなかで開催を迎えてもらいたいと思う。結い市と同じように、どのフェスも台風の予報を自分たちの場に置き換えての判断となる。参加予定の人は、それぞれのサイトでチェックを。

写真 = Takumi Sano

結い市
開催日:10月13日(日)14日(月・祝)
会場:健田須賀神社及び結城市北部市街地(茨城県結城市)
ライブ出演:オオヤユウスケ、NABOWA、kan sano、ほか

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot