• フェス

【インタビュー】今年もキャンプインフェスCAMP DE AMIGO開催。コロナを終息させた台湾の状況と野外フェスの関心を聞いた。

2020.11.24 Tue

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

ライブだけにとどまらないフェスの魅力を台湾のファンに伝えることを目的にスタートしたCAMP DE AMIGO。台北でサイババエスニークというエスニック&アウトドアのショップを営んでいる土井健司さんが立ち上げたフェスだ。新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾では、4月中盤以降、7カ月以上に渡って新規感染者が確認されていないという。その状況もあり今年もキャンプインフェスCAMP DE AMIGOは開催される。日本からもマーレーズが出演、ネイチャークラフト作家の長野修平さんもワークショップで参加する。コロナ後とも言っていい現在の台湾の状況、そしてフェスへの思いを聞いた。

–– 台湾ではコロナの封じ込めに成功したというニュースが日本には伝えられています。現在の台湾のコロナの状況を教えてください。

 現在、台湾国内に関してはコロナが完全に終息しているため、みんな通常通りの生活をおくっていますが、公共交通機関や病院などはマスクを着けていないと入ることはできません。また、接客業はみんなマスクをすることが当たり前になっています。もちろん海外には行けないので旅行やレジャーに関しては国内旅行やキャンプなどが非常に人気です。

–– それでは日常はどんな空気感ですか。

 コロナが台湾国内でも発生していたときは、少し咳でもしようものならみんな、コロナじゃないのみたいな感じで、疑心暗鬼になっていましたが、今は安心して咳ができます(笑)。病院も国内感染があるときはガラガラでしたが、通常通り、みんな気軽に病院に行くようになっています。

–– 今回のCAMP DE AMIGOには、日本からマーレーズなどが出演し、長野修平さんがワークショップで参加します。日本では海外のアーティストが来日できずにいますが、海外からの渡航に際してどんな規制があるのですか。

 非常に厳しい規制があります。以前は観光ビザなどで入国して、必要があれば労働許可証を申請するといった感じで簡単に入国できましたが、現在は入国前に商業ビザの取得、PCR検査、入国後14日間のホテル隔離が義務です。違反した場合は高額な罰金を取られます。アーティストや職人の方もそれぞれ日本での仕事があるため、今回来てもらえたのは、本当に奇蹟に近いと思います。

–– コロナ以降、台湾ではフェスやイベントはどの程度開催されているのですか。

 6月末にコロナ終息宣言が出されてからは、フェスやライブハウスなどのイベントも完全に通常通り行われています。それどころか、前半に延期や中止になっていたものが後半に集中して行われているため、今は例年の倍ぐらいになっています(汗)。

–– 会場の麗寶旁的落羽松草原腹地はどんな場所ですか。

 麗宝楽園は台中の后里区(こうりく)にある、遊園地やプール・アウトレットモール・ホテルなどがひとつになった複合型テーマパークです。その麗寶アウトレットパークの横にある大きな草原で、普段は入ることができません。落葉樹が植えられていて、秋の紅葉の季節はかなりきれいです。

–– 今回の集客はどのくらいを想定していますか。またそのなかでキャンプインする人はどのくらいですか。

 今年は約5000人ほどを想定しています。キャンプインする人は約半分です。

–– 会場でのコロナ対策は? また参加するお客さんに対して、これは守って欲しいということは?

 チケットを売る際は実名登録などを行っています。参加するお客さんには守ってほしいというか早くフェスキャンプに慣れて欲しいです。というのも台湾人のキャンパーの大部分はフェスでのキャンプ経験がありません。そのため電気ないの? 車を横付けして荷物下せないの? 焚火できないの? などなど、キャンプ場ですることをイメージしていろいろ質問してきます。フェスキャンプとはこういうものなんだということを分かってもらえれば、それで十分です。

–– 台湾でのフェスへの関心の高まりをCAMP DE AMIGOを続けることで実感していると思います。台湾での今年のフェスの状況について教えてください。

 台湾でのフェスへの関心は、あまり変わっていないかもしれません。フェス人口も日本と比べると圧倒的に少ないため、多種多様にとんだフェスがあるわけではなく、ある特定のフェスにしか人が集まらないというのが現状です。

–– 12月の台湾の気候は?

 12月は長袖を着れるぐらいの気温になりますが、昼間は半そでの場合も。

–– 最後に土井さんがCAMP DE AMIGOを続けるモチベーションを教えてください。

 毎年これで最後と思ってやっています。フェスほど割に合わない仕事はないと思います(笑)。ただもともとフェスをやりだしたのも、僕らが普段販売しているエスニックやアウトドアなどのフェスファッションが着られる場所を提供し、そういう人たちが増えていってひとつの文化になってほしいという思いからなので、新しくおしゃれに着こなした人たちが僕たちのフェスに来てくれるのを見ると、ちょっと救われた気がします。それとフェスをやることによって出会えた人たちが素敵すぎるんです。それが続けている一番の理由かもしれません。

CAMP DE AMIGO
開催日:12月11日(金)〜12月13日(日)
会場:麗寶旁的落羽松草原腹地(台中)
出演:落日飛車(Sunset Rollercoaster)、魏如萱(Waa Wei)、☆マーレーズ☆、ゲシュタルト乙女、ほか

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント