line_box_head

スナック菓子まで材料に!「ものぐさおとこの山ごはん⑳」はキノコの香りマシマシの秋の味

(2017.10.13)

ごはんのTOP

icon

 ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 秋も本番でしょうか。

 寒い日も増えてきました。標高が上がればなおのこと。今回は温かいだけじゃなくてコンビニおにぎりでも旬を感じるごはんを作ろうというレシピになっております。

 題して「キノコたっぷりトマトリゾット」!

 今回使う材料はコチラ。
 前回紹介したファミリーマートの燻製おにぎりはすっかり姿を消してました。その代わりに「きのこ五目おこわ」なるものを発見。これを使ってキノコの料理をするわけですが……。

 きのこが少し足りないなぁと思ってコンビニをぐるぐるしていたら……、発見! なんだこれ!
 今回の新兵器は、UHA味覚糖から発売されている「茸のまんま」という商品。

 本来はこのままサクサク食べるスナック菓子で、ほかにもエリンギやマイタケ、ゴボウ、コロッケ(マジです)などもある様子。今回はしいたけの香ばし醤油味を使ってみます。
 それからファミリーマートで力を入れている、お惣菜などをラインアップする「お母さん食堂」シリーズから「桜のチップで燻したスモークチキン」を使います。

 では作っていきましょう。
 まずはスモークチキンとトマトジュースをコッヘルにあけて温めます。このとき一緒に「茸のまんま」を半分くらい入れてしまいます。 
 ひと煮たちしたらおにぎりを投入。ほぐしていきます。

 で、シェラカップなどに盛ってから2回目の「茸のまんま」。今回はクリスピー感を楽しむために食べる直前に振りかけます。

 で、完成。相変わらずの早さです!
 では実食。

 きのこ五目おこわだけでもキノコの量は十分なのですが「茸のまんま」のおかげできのこの香りにさらにブーストかかってます!

 それとサクサクした食感とスモークチキンのもちもちとした食感がアクセントになって飽きずに食べられます。もちろんこれにさらにチーズを合わせてもいいし、トマトじゃなくて豆乳や牛乳でもOK。

 スモークチキンの代わりにベーコンでもソーセージでもよいですね。生肉でも問題ありませんが加工肉で塩気があるほうが味を加える必要がないので手軽かと思います。いろいろアレンジできる幅のあるレシピになっています。

 次回も新兵器発見なるか!? こうご期待!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)

 
 
ライター
A-suke

アウトドアをコンセプトにした東京水道橋のカフェ「BASE CAMP」店長。 アウトドア料理関連の仕事の他にもワークショップ、グッズの企画/デザイン、イベント出典など、活動は多岐。ハンティングやフライフィッシングなど狩猟採集にも精通し、食とアウトドアを結ぶさまざまな遊びを提案中!http://www.cafe-basecamp.com/

line_box_foot