line_box_head

部屋の中に小さな公園を出現させるグリーンなインテリア 「midori」

(2014.06.27)

道具のTOP

icon

画像

雑に散らばりがちな小物を、オシャレにまとめるインテリア。しかもナチュラルフレイバーも高いとなれば、Akimama的にも注目です

画像02

厚さ2.5mmのアルミニウムを使った、存在感溢れる質感。継ぎ目のない削り出し加工で、アルミと芝の思わぬマッチングを演出します。写真の製品/midori-NA:11cm(幅)×11cm(奥行き)×3.5cm(高さ) 170g 2,300円(税込み)

画像03

ニス塗りの木材を使ったウッドシリーズは、アルミシリーズよりも大型。木の持つ温かみが、どんな部屋にもマッチします。写真の製品/midori-WA:21cm(幅)×21cm(奥行き)×4cm(高さ) 328g 2,400円(税込み)

画像04

工夫次第で使い方はいろいろ。ちょっと生活を楽しく、潤いのあるものにしてくれるインテリアです。

 アウトドア大好きな僕らにとって、生活の中に緑を取り込むことはもはや当然です。ってわけで観葉植物や窓辺菜園を楽しんでる人も多いけど、こんな実用性に富んだ緑はどうでしょうか。

 「midori」は部屋の中に小さな小さな公園を出現させることをイメージしたインテリア。一辺約11cmの正方形トレイに、リアルな人工芝を植えました。で、その人工具合が絶妙。緑の色味だけでなく、枯れ芝もちりばめられるなど、どこからどう見ても本物の芝にしか見えません。

 この「midori」がユニークなのは、ただ鑑賞するだけじゃないってコト。カギや文具、メガネやキャンディーなど細々したものを乗せておけます。つまり生活に密着した「トレイ」として機能するわけです。

 ベースになるトレイ部分の素材はアルミと木、それにポリスチレンの3種類。アルミと木は素材の質感を活かし、ポリスチレンはブラックとホワイトの2色がラインナップ。つまり都合4色が揃います。部屋のムードや使い方に合わせて選べるあたりはインテリアとして実に細やか。しかもそのトレイ部分はすべてハンドメイド。このあたりからも温もりがにじみ出てきます。

 サイズは大きいもので21cm四方までと、さまざま。以下「部屋とmidori」のネットショップで購入可能ですよ。

■部屋とmidori
http://www.heyamidori.com

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot