line_box_head

すごいぞ「アークティック・グリップ」! メレルの新作モアブは氷でも滑らない

(2016.11.24)

道具のTOP

icon

 去る2016年11月12日、北海道のほぼど真ん中に位置する東川町で、町の有志によるアウトドアイベントが開催されました。

 元々「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン」の映像をこの町でも見れないか、という思いから6年前に自主上映会を開催。それをきっかけに始まったイベントです。

 一昨年からは「東川アウトドアフェスティバル」として一新。バンフ上映会に加えて、写真作家によるアウトドアをテーマにしたスライドショーのコンペティションや、アウトドアブランドブースと飲食店の出展、地図読みや木工体験といった各種ワークショップなども開催しています。

左上/MERRELLのブースはこんな感じ。左下に見えるのが20kgの氷。アークティック・グリップの効き味を、この氷の上で試していただこうというわけです。 右上/会場になったのは古い小学校をリノベーションした「東川町文化芸術交流センター」。写真展覧会や各種の講習、資料閲覧の他、芸術活動をサポートする施設が充実しており、イベントは元体育館で開催されました。 左下/東川町はカフェの町としても知られています。会場には町内カフェの有志が出展。カレーやコーヒー、サンドイッチやおにぎり、ドーナツなど、終始いい香りを漂わせていました。 右下/校舎の中庭ではテントの展示も。満月に負けないよう、テントもライトアップする懲りようです

 今回、このイベントでひときわ目を引いた展示がありました。それがMERRELLのブース。東京からこのイベントのために!と持ち込まれたのは現在発売中のウィンターブーツ。男性用の「MOAB FST ICE+ THERMO(モアブ FST アイスプラス サーモ)」と女性用の「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF(オーロラ 6 アイスプラス ウォータープルーフ)」です。

 どちらもアウトソールにはビブラム社の「アークティック・グリップ」を採用。実はこのアウトソール、今季アウトドアブランドで採用できるのはMERRELLのみ! 売りは「濡れた氷の上でもグリップします!」です。そこで、北国のアウトドアファンたちに、一足早くそのグリップぶりを体験していただこうという趣旨で、会場には20kgの氷を用意しました。

左/こちらは男性用の「MOAB FST ICE+ THERMO」。モアブシリーズの流れをくむデザインで、見た目はごくごく普通のトレッキングシューズです。 右/アウトソールに注目すると、ところどころにブルーの模様が入ったコンパウンドがあります。これが「アークティック・グリップ」。この素材が氷を強力にグリップ。ソールの中央にある白い菱形は温度を感知。氷点下になると青色に変わります

 この日も町は雪景色。会場に訪れたアウトドアファンたちは、それぞれに滑りにくい靴を履いています。有名なウィンターブーツから作業用の長靴、スパイクシューズ等々。凍った道を歩くことが日常の東川の人たちは、冬の道がどんなに滑るかをよ〜〜〜く知っています。

 もちろん会場までの道も凍っています。その、今の今まで凍った道を歩いてきた人たちに「アークティック・グリップ」を試してもらうのは、日本人に醤油の味を確かめさせ、フランス人にワインをテイスティングさせ、ドイツ人にビールで挑むようなもの。分かった顔でつまらないものを差し出したらぶっ飛ばされますし、MERRELLの名前は地に落ちるでしょう。

 ではその反応をどうぞ。

「何これ!」「あ、ホントに滑らない……」「マジで? どうなってるの?」「ちょっとちょっとお父さん、これすごいわよ」「え〜と、ここで売ってるんですか?」「これは欲しい、じゃなくて必需品だわ」「さっき履いたんだけど、もう一回確かめさせてくれる?」「これでも一番滑りにくいの履いて来てるんだけどね。レベルが違うね」 などなど。ここには一日中感動の声が溢れていました

 一言で言えば絶賛の嵐。なにしろ用意された「アークティック・グリップ」を履けば、濡れた氷の上でもビタッと止まる。これならブラックアイスの交差点をおろおろ歩くことはありません。この安心感が大きかったのか、会場ではお年を召した方々からの反応が大きかったのには驚き。さらに、ご家族に買ってあげたいというお父さんや、子どもさんにという声も聞かれました。

 もう一つの安心感は車の運転です。氷で滑らないようにとスパイク付きのシューズを履いていると、ペダル操作で引っかかります。スパイクに頼らない「アークティック・グリップ」なら普通のシューズの感覚で運転して、そのまま凍った道を歩くことができる。これクルマと密着している北国の生活には必須の機能ですし、宅配便や郵便配達の人には見逃せないものになりそうです。

「MOAB FST ICE+ THERMO」と「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF」は北国の生活を変えてしまうかも! もちろん北海道に旅行の予定がある人や、北海道以外でも凍った道路に不安のある方は是非ともチェックです!!

 

■「MOAB FST ICE+ THERMO(モアブ FST アイスプラス サーモ)」男性用
サイズ:25.0〜28.0、29.0、30.0cm
カラー:パイングローブ/ダスティオリーブ、ブラック
価格:24,000円+税

■「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF(オーロラ 6 アイスプラス ウォータープルーフ)」女性用
サイズ:22.5〜26.0cm
カラー:アッシュ、ブラック
価格:20,000円+税

詳しくはこちらまで
http://www.merrell.jp

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot