line_box_head

ニセコ発の世界的なムーブメント! 「スノーサーフィン」道場に入ってみた

(2016.02.14)

アウトドアのTOP

icon

 長い両手をコンドルのごとく広げ、深く鋭く切り込んでいくバックサイドターン。そして肘が雪面に擦れるほど倒し込み、信じられないような角度で切れ上がってがっていくフロントサイドターン。“オーム”のニックネームで知られるプロスノーボーダー岡田修さんのライディングは優雅にしてダイナミック。後ろについて滑っていると、なにか魔法でも見ているような気分になる。

「じゃあ、このまま沢に入るよ!」

 後続のゲストのペースを気遣いながら、オームさんはゲレンデ内のコンケーブ地形へと僕らを誘導した。雪不足に苦しむ本州のスキー場がウソのように北海道ニセコには雪が溢れ、ゲレンデ内の“壁”や“沢”にもしっかりと雪が着いていた。そこをオームさんはまるで渓流に放たれた魚のように、自由自在に泳ぎ回る。

 グルーミングバーンでのキレキレのカービングはもちろんだが、自然地形の中で見せるオームさんのライディングもまた絶品だ。176cmの長身を忘れさせるようなコンパクトでクイックな動き、見上げるような崖を駆け上がったかと思うと、リップで見せる華麗なレイバック……。すべてのターン弧は滑らかに繋がり、どこにも引っかかりがない。そのスムースでメロウなライディングは、まるで波の上でサーフィンをしているように見えるのだ。


「スノーサーフィンの視点を持つと、これまで見落としていた斜面や地形がとても魅力的なものになるんですね。バフバフのパウダーゾーンだけでなく、こういった自然地形やちょっとした斜面にお客さんを案内し、スノーサーフィンの楽しさを味わってもらうのも、僕の仕事です」とオームさんは言う。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot