line_box_head

冷え性女子にこそ提案したい!「動的防寒着」の実力とは

(2016.03.11)

アウトドアのTOP

icon

 寒の戻りでしょうか、ここ数日全国的に真冬並の気温に戻っています。そこで今回は、春前ですが女性に関するフィールドでの防寒の情報をお届け!

 気温の下がる秋冬のフィールドや、夏でも標高の高い山歩きなどで活発に動いているときであっても、女性に多く見られるのがすぐ「寒い」「冷える」をうったえる姿。

 男性と比べて、なぜなのでしょうか?

 その理由は、男性よりも女性の方が「冷えやすい身体の構造」になっているため、と言われています。たとえば、卵巣や子宮といった女性ならではの部位を持つ内蔵は血液の流れが滞ることがあったり、女性ホルモンのバランスが崩れることにより血行が悪くなるといった理由があります。

 また「男性と比べて筋肉量が少ない」ことも大きな理由のよう。

 身体の熱を作りだす大きな役割がある筋肉。筋肉が動くことで熱が生まれ、その熱で温められた血液が全身をめぐって体温が保たれているのですが、男性と比べて女性は筋肉量が少ないために冷えやすくなっています。一度冷えてしまうと元の温かさになかなか戻りにくい脂肪を男性より多く蓄えていることも原因のひとつと言えるでしょう。

 フィールドではフリース等の中間着や、休憩中にはインシュレーションウェア(ダウンや化繊綿の保温着)をこまめに脱ぎ着し快適な状態でいることが望ましいですが、不慣れなために正しく調整できなかったなどの理由から、うまくいかないケースを多く耳にします。

 そこで提案したいのが、今アウトドアウェアのなかでも注目アイテムである「動的保温着」です。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot