line_box_head

日本全国を3D化して、ぐりんぐりん回す!

(2014.09.27)

登山のTOP

icon

画像

富士宮から富士山を眺めてみました。宝永山のくぼみもハッキリ。

画像02

3Dマップは拡大縮小自由自在。しかもぐりんぐりん回して視点移動も可能です。おお、富士山上空から駿河湾を望むとこういう風に見えるのか、などなど架空の視点も楽しめます。

 すでに実施されてから半年以上経っており、Akimamaでは山座同定でたいへん役立っております。何って、国土地理院の「地理院地図3D」 そう日本全国すべての地形を3D化してみることができるんです。

 これまでも国土地理院ではweb上で日本全国を2万5千分の一地形図や電子地形図25000として公開していました。が、そのデータを元に好きな縮尺、好きなエリアの立体地図を生成。ぐるぐる回して好みの角度から眺め、楽しむことができるわけです。

 使い方は非常に簡単。PCのブラウザから以下のリンクで「地理院地図3D」にアクセスすれば、3D地図の生成方法がていねいに解説されています。

 今まで山座同定をしようとすると、コンパスで方角を測って地図を見て、頭の中で立体図を思い描きながら、あの山があれ、この山はどれ?なんてことになってました。が、立体図を見れば一目瞭然。はいはい、あれはこの山ね。向こうに見えてる山だと思ったのは、尾根が膨らんでただけね、みたいなこともつぶさに分かってしまいます。

 それにハイキングルートの検討にも超便利。この区間はとても傾斜がきついとか、ここまでくればあの山が見える、なんてことも事前に予測可能。休憩ポイントの選定を含めてプランニングに大助かりのツールです。

 んでもって、そのデータをダウンロードすれば、3Dプリンタで出力することもできるっていうから、未来はすぐそこまで来てますね。

 

「地理院地図3D」
http://geolib.gsi.go.jp/gsimaps3d/index.html

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot