line_box_head

四国三郎、早春の吉野川下流域をカヤックで旅する

(2016.04.06)

アウトドアのTOP

icon

吉野川をメインフィールドに、ツアーカンパニー「Trip 四国の川の案内人」を主催するアウトフィッター・牛尾 健さんがAkimama執筆陣に参加。四季を通した四国のフィールドのいまを紹介!!


 高知から徳島県へと流れる全長194kmの吉野川。深い森とその雨量から最大洪水流量は日本一。暴れ川ゆえに四国三郎の異名を持つこの川の下流域は、その流量がもたらす膨大な堆積物により広大な河原が形成されている。今回は吉野川のうち、つるぎ町半田~穴吹川合流地点までを1dayツーリングしてみた。

 旅の足は「ツーリングカヤック」。短いリバーカヤックでもなく、長距離航海をするシーカヤックでもない。1泊ぐらいの荷物も載せられて、そこそこスピードが出る。けれども小回りもある程度きく、全長は450cmぐらい。

 全体的に水量の少ない日本の川では、底を擦っても気にならないポリ艇がいい。そして重さも25kg以下だとカートップにも載せやすい。もちろん海で近場の島や沿岸のツーリングも楽しめる。貴重な休日に1日や1泊で出掛けたい! というような場合に最適である。ツーリングカヤックは、日本の自然に、そして社会にもフィットしたフネとも言えるかもしれない。

 この日は暖かく、桜が咲き始めていた。

四国の川を楽しむならツーリングカヤックがいちばん

 岸を蹴ってフネに乗り込み川の中央へと漕ぎだしていく。この時期、川の透明度はよく、5mは十分に見える。本流の川なのに、である。支流の流れ込みには小魚がたくさん、川底にはコイやナマズの姿が見える。この身近さでこの自然の濃さは、四国ならではの風景ともいえる。

 途中、上流を見るともっさりと木が茂った島のようなものが見える。ちゃんとした名前もある川の中の島「中鳥島」である(下写真の中程にあるこんもりとした林が中鳥島)。河原でなにやら作業をしているおっちゃんに話しかけてみると、島のことに詳しい。曰く、昭和60年代までは人が住んでいたと言うから驚き。島には学校もあり、そのむかしは城もあったと言う。いまはその面影もなく、林に埋もれてしまっているけれど。

 
 やがて、きれいな支流が流れている場所に出た。ここでしばし休憩。半田川である。

 浅瀬をジャブジャブと歩き、岸へと上陸するとむかしの舟着き場跡がある。川が物流の拠点だったころ、この場所にはたくさんの川舟が停まっていたそうな。そして町への玄関口がこの場所だったようだ。残念ながら鉄道と道路が整備されたいま、その面影はほとんどなくなっている。

半田素麺は徳島の名産

 ここから少し歩くと、小さな素麺工場があったので見学をさせてもらった。

 こちらが地域の名産品、半田素麺。伸ばして干した状態の素麺。よく知られているふつうの素麺よりも、やや太めなのが半田素麺の特徴のひとつ。この地域の素麺づくりは江戸のむかしから続いているとか。この産業も吉野川の流れがあったればこそ、生まれたもの。豊かな川だなぁとしみじみ。

1 2
 
 
ライター
takeshi ushio

四国の川を源流から海までガイドする案内人。「Trip 四国の川の案内人」を主催。山から海まで年間200日以上はフィールドへ。ツーリングカヤックと山歩き、狩猟採取が得意なバックパッカーでもある。www.trip-yoshinogawa.com

line_box_foot