• アウトドア

テントも持たないシンプルなキャンプを。ブッシュクラフトキャンプ体験ツアー

2016.08.05 Fri

 夜露をしのぐのはタープとハンモック。食事は落ちている木を使ってたき火をおこし、自炊します。でもマッチもライターも持って行きません。自然の中で手間がかかることと、できる技術が上がっていくことを楽しむ。まさに、ザ・アウトドアな生活。それがブッシュクラフト・キャンプです。


持ち込むのは最小限の道具だけ。森の中でタープを張ってたき火をおこし、ハンモックで眠る。シンプルな「ブッシュクラフト・キャンプ」は、都会では経験できない豊かな喜びに溢れています

 最小限の道具を持って森の中に入り、たき火も道具も野営の場所も、すべてそこにあるものを上手く使って作り上げる。まさにキャンプの原点とも言えるブッシュクラフト・キャンプには言いようのないワクワク感があります。が、同時に大きな不安も同居しています。本当に必要な道具とはどんなものなのか? それら道具の扱い方、自然との対峙のしかた、そして守るべきマナーなど、わからないことだらけです。

 けれど、そんな心配よりも冒険心が大きくなったとしたら? それはもう、行動に移すしかありません。この秋、軽井沢で開催されるのは一泊二日のブッシュクラフト・キャンプツアーです。アシストするのは「森のいきもの案内人 ピッキオ」。

 ピッキオは軽井沢を拠点にしている、エコツーリズムの専門家集団。野生動植物の調査研究や保全活動を行うと同時に、自然の不思議を解き明かすエコツアーや環境教育を行っています。

キャンプにはフィールドを熟知したガイドさんが同行しますから、初めての人でも安心。キャンプだけでなく野生動物との出会いもサポートしてくれます

 今回のブッシュクラフト・キャンプは少人数制。自然の息づかいを感じ取りながら静かな時間を過ごすことができます。自分の生活を、自分の手で支える。そんなプリミティブな一夜を過ごし、野生動物との出会いを経験する。心も身体も、自然の中に溶け込むようになじんでいく。そんな心地よさを味わうのもいいですね。

 

詳しくはこちらまで

■野宿に挑戦!ブッシュクラフトキャンプ
http://picchio.co.jp/sp/2016/07/post_97.html

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント