line_box_head

【短期集中企画】MERRELL アークティック・グリップ インプレッション 〜その2 北海道ツルツルの旅 編〜

(2017.01.25)

アウトドアのTOP

icon

濡れた氷の上でも滑りにくい、特殊ソールを採用したMERRELLのウィンターシューズ「MOAB FST ICE+ THERMO(モアブ FST アイスプラス サーモ)」と「AURORA 6 ICE+ WATERPROOF(オーロラ 6 アイス+ ウォータープルーフ)」。このシューズをアウトドアライターたちはどう見たのかをお届けする短期集中連載。第2回はスノーボード大好きフリーライター・福瀧智子さんが北海道で味わった、極寒&ツルツル路面体験です。

 

【ARCTIC GRIP IMPRESSION 2】
——雪国実地インプレッション——
MERRELLのウィンターシューズ「オーロラ 6 アイス+ ウォータープルーフ」って、実際どうなの?

2017年冬。

北の雪国への出張をチャンスとばかりに、「濡れた氷の上でも滑りにくい」と話題のウィンターシューズをテスト用として借り、朝から晩まで連日履き倒してみました。

なんといっても毎年雪の降り始めから残雪期まで取材やプライベートで雪上に出ることが多く、凍りついた路面を歩くこともしょっちゅう。ツルっといくのか、モデルのごとく優雅に歩けるのか。

今回はそのリアルな感想を掛け値なしにレポートすることにします。
 題して、
MERRELLのウィンターシューズ「オーロラ6アイス+ウォータープルーフ」って、実際どうなの?

さぁ、テスト結果はいかに!

 

左足にMerrell、右足に他社のウィンターシューズを履いてみた。
 雪国に遊びにいったときに遭遇するさまざまな〝滑りやすい〟シチュエーションが今回のテストの場。

コンビニの出入り口、スキー場の駐車場、温泉施設の玄関口の階段、人通りの多い交差点、夜の飲み屋街に横たわる凍結した歩道など。解けた水がうっすらと表面を覆う、もっともデンジャラスで滑りやすい路面も積極的にトライしました。こういう道は気を張っているうちはいいものの、歩き慣れたころがもっとも危険であり、すっころんで腰を強打するんですよね。

ところがこの「オーロラ6アイス+ウォータープルーフ」といったら!

実際に履いて歩いてみたところ、凍った路面で止まる止まる! 足を踏み出すたび、いかにも滑りそうな路面にソールがギュっと吸い付くように止まり、テラテラ黒光りしている坂道でも通常のアスファルトに近い感覚で歩くことができるんです。

ためしに片足にこのシューズ、もう一方の足に他社のウィンターシューズを履いて歩いてみたところ、笑ってしまうくらいグリップの具合が違いました。「アークティック・グリップ」がまったく滑らないわけでは決してないのですが、明らかに使っていない人と比べて足下の安心度が高い。

この強烈なグリップ力は一体どういうカラクリから生まれるのでしょうか。

1 2
 
 
ライター
ふくたきともこ

フリーランスの編集者/ライター。アウトドアやスノーボード関連の専門誌で活動する傍ら、フジロックや朝霧ジャムなど国内の野外フェスの制作にも携わる。最近の好きな山は飯豊連峰と伯耆大山。京都出身、一児の母。twitter「@happy_falls

line_box_foot