line_box_head

【短期集中連載 FUTURELIGHT】第4回 厳冬期の旭岳で「フューチャーライト」が際立つ状況を検証してみた

(2019.12.10)

道具のTOP

icon

 短い期間ながら「フューチャーライト(FUTURELIGHT)」の魅力をぎゅぎゅっと凝縮してお伝えしようという短期集中連載も、いよいよ最終回。4回目は冬目前というわけで、フューチャーライトを実際に試した雪上インプレッションをお届けします。

 参加したのは2019年2月に北海道は旭岳で開催された「SUMMIT/STEEP ディーラーミーティング」。ザ・ノース・フェイスを販売する主要小売店のスタッフが全国から集合し、SUMMITとSTEEP両シリーズの新製品に触れる機会が設けられました。で、その際の目玉となるプロダクトがフューチャーライトを採用した製品だったというわけです。

全国から70名近くのディーラーさんが集結。2019年トップクラスの話題となるであろう「フューチャーライト製品」に袖を通し、その実力を体験した。

 このイベントに、Akimamaもメディアとして参加。北海道のドン深パウダーを相手に、新素材「フューチャーライト」の良いところを余すところなく味わってきたというわけです。

 何しろフューチャーライトの発表は2019年9月。イベント開催時には製品は何も発売になっていません。というわけで、写真に写っている製品はすべてサンプル。形としては量産品の「ピューリスト(Purist)」ですが、現在売られているものとは、色やデザインの一部が異なります。が、機能的な部分は同一。というわけで今回は見た目のお話ではなく、機能性に焦点をあてた「フューチャーライトの雪上性能」についてレポートすることにしましょう。

 

1. 本当に着たまま行動できる!

 フューチャーライトの着心地の軽さ、生地の柔らかさについては前回までにしっかり語られています。ファスナーの扱いやすさや使いやすいポケット位置など、細かな使い勝手についてはさすがザ・ノース・フェイスと唸るしかありません。

 そうした詳細を超えて気になるのは「ホントに、そこまで『ヌケ』が良いの?」ということでしょう。それについては写真を見ていただくのが近道です。

左/歩き初めは全員ファスナーを首元まで上げているし、フードをかぶっている人も多い。このときの気温はマイナス10度。あまりの気温についつい厚着をしたくなるが、このあとは運動量が上がって体温は上昇する。少し寒いのをガマンするくらいでちょうどいいのだ。 右/何度か目の登り返し。フューチャーライトを脱いでいる人は誰もいない。息が切れるほどのハイクアップをして体温は上がり、間違いなく汗ばんでいるはずだが、ジャケットを着たままでも不快感がなく、脱ぐ必要性を感じないのだ。この2枚の写真で着用状態がほぼ変わらないことが、フューチャーライトの特徴だ。

 雪山をハイク(=自分の足で歩いて登ること)し、そこから滑り降りてくる。リフトのない自然の山をステージに滑走を楽しむことができるバックカントリーは、滑り手にとって格別の満足感を与えてくれます。

 このバックカントリーツアーでは歩くことが前提のため、ハイク中はどうしても体温が上がりがちです。また、慣れないうちは他の人についていこうとしてついついオーバーペースになりがち。こうしたことから汗をかきやすくなってしまいます。

 ハイクの前にはシェルは脱ぎましょう、汗をかかないですむ涼しいウエアで歩きましょう、というのは、汗冷えしないために必要な、バックカントリーの定石です。

 ところがフューチャーライトを着た全員が、ジッパーを首元まで上げたまま歩いています。SUMMITやSTEEPを扱うディーラーであっても、全員がバックカントリーに慣れているわけでははありません。中には必要以上にもがいて、体力を使ってしまう人もいるはずです。それでも誰一人、ジャケット内がオーバーヒートしてジッパーを下げるようなことはありませんでした。

 もちろん運動していますから、多少は息も上がり、汗もかいています。それでもジャケットを脱ぐほどでない。それだけ『ヌケ』が確保されている。これがフューチャーライトの特徴を如実に表していると言ってもいいでしょう。

 こうしてフューチャーライトを「着たまま」ハイクアップしたあとは、待望の滑走タイム。旭岳を知り尽くした地元ガイドの案内があれば、たとえ前日に降雪がなくても太ももまで潜ってしまうようなパウダーにありつくことができます。

ザ・ノース・フェイスアスリートの生の滑りを間近で見ることができた点も、このミーティングの大きな収穫。力強いターンで雪を踏んでいくのは河野健児さん。

 いざ滑る段になっても、今までのように脱いでいたジャケットを着て、という手間がありません。みなさん、ササッと手早く滑走モードに切り替えて、腕を組んで自分の番を待ちます。そうして雪の斜面に飛び込めば、そこはまさにパラダイス! そもそも滑走用に作られたウエアは窮屈なところもなく、素直に滑りの動作に追従してくれます。

 見た目に斜度感のあるスロープも、柔らかい雪のおかげでスピードコントロールは簡単。ここぞというラインが見えたら、スプリットボードのノーズをフォールラインに向けて一気に加速。ボトムギリギリで特大のターンを切れば、ここに来これて良かった!という充足感が全身に染み渡ります。

 そのあとは再びハイクアップで、次のポイントへ。丸一日、歩いて滑って、歩いて滑って。それをずっと繰り返していても、結局一回もジャケットを脱ぐことはありませんでした。

 

1 2 3
 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot