line_box_head

この冬白馬に新ガイドクラブが誕生! 「番亭~bamboo tail~」

(2013.02.05)

アウトドアのTOP

icon

画像

白馬は国内屈指のバックカントリーフィールドがある

画像02

代表の竹尾雄宇さん

画像03

K2 SNOWBOARDのテストセンターも併設する

画像04

ショップも併設。主な取り扱いは「66NORTH」など

 本格的なスノーシーズンを迎えた長野県・白馬村に、新しいガイドクラブ「番亭~bamboo tail~」が誕生した。

 バックカントリーガイド竹尾雄宇(ゆう)さんが代表をつとめる番亭は、白馬村を中心にバックカントリーツアーを催行するガイドクラブだ。これまでの約10年間、同じく白馬にある人気ガイドクラブ「ブルークリフ」でガイドとして活動し、得てきた豊富なフィールド情報や経験をもって独立することとなった。

 ツアープランも注目だ。1〜2時間程度のハイクで入山する初心者向けのツアーはもちろん、大町、白馬、小谷、糸魚川エリアからその日のベントコンディションの場所を予想してパウダー滑走を行うワンデーツアー、そのほかスキー場のリフトでアクセスができるフィールドで行う「ノーハイクツアー」は、“ハイクアップは苦手だけれどパウダーを滑りたい、バックカントリーの雰囲気を味わいたい”という人のために、白馬五竜スキー場や白馬コルチナスキー場などでおもに開催されるプランだ。

 年々注目されるパウダーやバックカントリーブーム、今シーズンもその熱は高まるばかり。いよいよウィンタースポーツ最盛期となった2月、しっかりゲレンデで足慣らしをして、トライしてみてはいかがだろうか。

番亭~bamboo tail~】

〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村北城828-268
TEL.FAX  0261-72-2118
携帯電話  080-2075-5717 (代表 竹尾)

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot