line_box_head

【短期集中連載 FUTURELIGHT】第3回 無雪期登山で「フューチャーライト」のジャケットをインプレッションしてきたぞ!

(2019.10.21)

道具のTOP

icon

 さて、前回の発売記念イベントで、ますますその機能性に興味をもった新素材「フューチャーライト」。筆者はさっそくイベント終了後、秋の北アルプス山行にあわせてサミットシリーズ「FL L5 LTジャケット」を購入。登山やクライミング向けのハイエンドモデルの実力を探ろうというわけだ。

 結果から言うと、スライドトークショーでザ・ノース・フェイスのアスリートからも感想があったとおり、「非常にしなやかで着心地がよい」「行動中の蒸れ感も少なく、快適に着続けられた」。ただし、この結果には前提がある。その「着用したまま快適に行動するための重要なポイント」を、筆者の感じたインプレッションとともにお伝えしたい。

最初に訪れた大渚山の登山道では、紅葉が始まっていた。樹林帯の中、先頭を山岳ガイドの松本省二さん、後方を筆者が歩く。


「FUTURELIGHT(FL L5 LTジャケット)」の結果まとめ

<スペック>

◾️ザ・ノース・フェイス「FL L5 LTジャケット」
・素材:20D×30D Recycled Breathable Polyester FUTURELIGHT(3層)
(表:ポリエステル100%、中間層:ポリウレタン エレクトロスピニング膜、裏:ポリエステル100%)
・サイズ:USAサイズ/XS、S、M、L
・重量(USA Mサイズ):(レディース)約305g、(メンズ)約330g
・カラー:(レディース)ノックアウトオレンジ、ブラック (メンズ)ファイアリーレッド、メルトグレイ

◾️着用環境

・10月上旬、無雪期の登山。
・台風が近づいており湿度が高く、晴天から小雨や強風に移り変わる天候の中、標高を変えて2ヶ所の山を歩いてみた。

<インプレッション1>
・大渚山(1,566.3m)で実施。登山道入口は、標高 約1,300m。晴天、気温18度くらいの樹林帯で、登山スタート。のち、小雨。
・行動時間は往復 約3時間30分(山頂での休憩含む)。

晴天の大渚山山頂で。

<インプレッション2>
・「白馬岳蓮華温泉ロッジ」をベースにした。白馬岳の北の端、北アルプス新潟側の玄関口。中部山岳国立公園区域内。
・ロッジのある標高1,475mの登山道入口からスタート。登り始めの気温は 約13度、小雨、やや強い風の中を登山した。
・樹林帯から岩のカール地形周辺を往復 1時間ほど行動。

蓮華温泉では、小雨・やや強い風の中を登山した。

◾️インプレッションの感想

・通気性と透湿性は◎
・しなやか生地、肌触りがよい、シャカシャカ音がしない=着心地は抜群によい。
・薄くて軽い、蒸れ感をあまり感じないソフトシェルのようなイメージ。
・ベンチレーション不要の快適さ。
・胸ポケットの位置や大きさ、ファスナーの仕様、裾のストラップの収納など、ちょっとしたギミックが、すばらしい設計。
・小雨の中、約1時間ほどの行動を行ったが、撥水・防水についての問題はなかった。
・ゴアテックスのような保温性(防風によって得られるもの?)は、特に感じられなかった。

その通気性によって、サイドのベンチレーションが不要になるほど。軽量化と同時に、デザインをシンプルにすることにもつながっている。

(上左)片手で上下できるほど、スムーズなファスナーを使用したポケット。(上右)山と高原地図が、そのまま入る大きな左胸のポケット。内側にメッシュのポケットもある二重構造。(下左)右胸は、メッシュの内ポケット。(下右)最下部を調節するドローコードの収納は、このバンドで。事故防止にもつながる、細かいギミックがすばらしい。

◾️素材のパフォーマンスを引き出すために、着用時に注意したいこと

・特に気温や湿度が高い時(もしくは自身の体感温度で、すでに暖かい時)には、自分の温度感覚に合わせたレイヤリングが重要。
・着用時に、少し肌寒いくらいのレイヤリングが、行動時に蒸れ感を感じずらい環境をつくる。
・雨や風の中で行動時間が長くなる場合、その高い通気性によってウェア内に湿り気を感じることがあった。プラスαのレイヤリングとして、防風性防水性を重視したものを重ねる、という柔軟なアイデアも有効。

試しに、フューチャーライトの上からゴアテックスのウェアを重ね着してみた。ゴワゴワはするが、防風とそれによる保温性を感じた。豪雨の時は重ね着することで、防水も確実に強化できるだろう。

< 気になったポイント >

・サイズが、USサイズのみの展開。筆者は175cm、65kgだが、メンズSサイズでも日本人には、ひとまわり大きい印象。袖も少し長く感じた。
・ハーネスを意識したパターンなのか、ウエストのフィット感が少しタイト。背面は少し長めで、お尻にかかる。
・小雨の中で一時間ほど行動した際に、ザックを背負っていた圧力のかかる部分にはベッタリと水が広がっていた。中にしみてくることはなかったが、長時間の激しい雨での撥水性や耐水性については、引き続き注目しておきたい。

ふたりともメンズSサイズ(USサイズ)を着用。同じような体格だが、ともにサイズ感が少し気になった。

1 2 3
 
 
ライター
北村 哲

登山、スノーボード、キャンプ、フェス、旅好きのフリーライター。プランナー/ディレクターとして、アウトドアやスポーツ関連のカタログ、映像、イベント、アーティストコラボ商品などの企画制作も行う。富士山好きで、吉田口の歴史や登山道に詳しい。

line_box_foot