line_box_head

北欧デザインが魅力のホグロフス(HAGLÖFS)、注目の新作バックパック

(2013.03.12)

道具のTOP

icon

ホグロフス,HAGLÖFS

北欧らしさがカッコいいシンプルなデザイン。それでいて、80ℓの大容量もモノともしない勇ましさ。この夏は、ホグロフスを担いでロングトレイルを歩いてみたい!

 北欧はスウェーデン生まれのアウトドアの雄、ホグロフス(HAGLÖFS)の新作モデルを紹介したい。今回は、この春夏シーズンに注目のとっておきのバックパックだ。

 ガッツリと山歩きをしたい人にお勧めのモデル、LEX80である。80という数字が付いているだけに、収容能力はもちろん80ℓ。80ℓのバックパックに荷物を満載すれば、肩にのしかかってくる重さは20kgは優に越えるだろう。しかし、その重さを効率よく背中や腰、身体全体に分散してくれる仕組みをしっかりと備えている。

 直径13mmの一体型フレーム、Solidアジャスタブルシステムという微調節の可能な背面の機構、低反発素材の幅広高密度ショルダーストラップとヒップベルトが一体となって、その荷重分散に対応してくれる。

 シンプルな外見を保ちつつも、エクスペディションに立ち向かう静かなる姿は、稜線を歩く孤高の男を彷彿とさせる。北欧生まれのホグロフスらしさというべきか、そのスタイリッシュなデザインの裏にある一本の柱に絶対的な信頼感がある。この夏は、ホグロフスを担いで北欧のトレイルを巡るのも悪くない。
                                                                                      

【商品情報】
LEX80 
54,600円(税込)

重さ=3.3kg 
カラー=TRUE BLK 
容量=80ℓ
素材=200D X-PACTMポリアミド/210D Double Diamond Ripstopポリアミド/420D HD Oxfordポリアミド
商品の詳細についてはコチラ
(★驚きの110ℓサイズ!!「LEX110」58,800円もある)

                                                                                        
問い合わせ先 TEL0120-707585(ホグロフスジャパン

                                                                                                                                                            

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot