line_box_head

歩くことが仕事です。東京都レンジャー・大畑良平さん

(2016.06.25)

アウトドアのTOP

icon

MERRELLユーザーインタビュー
第4回/大畑良平さん

 自然を守り、来訪者の安全に気を配る東京都レンジャー。その活動地域は現在、多摩地域と小笠原地域の2カ所に集約されている。中でも最も訪れる人の多い多摩地域・高尾山地区が大畑さんの勤務地だ。はたしてレンジャーの仕事とはどんなものなのか? 大畑さんがレンジャーを目指したきっかけと共に、自然を保護する活動の様子をうかがった。

 

●自然だけ見ていても、大切なものは守れない

「大学生の頃、自然保護にすごく興味があって生き物の調査のアルバイトをしてたんです。よく大きな工事をするときに猛禽類の営巣の様子を調べたりするような仕事です。そうした調査をしているうちに、人の行動が環境に大きな影響を与えていることを痛感しました。
 よく“環境問題は人の問題だ”って言われますが、まさにその通り。自然へのダメージの中には、人間が原因になっているものが多いんです。その問題を根本的に解決するためには、人の行動がカギになる。そう思って、自然を守ることを理解してもらうような仕事をしたいなと考えるようになったんです」
 大畑さんの第一印象は『まっすぐな人』だった。しっかり目を見て話してくれる姿勢や、自分の考えをストレートに表現する話し方は、正直で表裏のない実直さを感じさせるものだ。その大畑さんから、見ているだけでは守れない、という言葉が出てきた。大畑さんは、自分を傍観者の場に置くことを良しとしなかったのだ。
「その後はなるべく人を介する仕事をしたいなと思って、いろいろなフィールドに出てきました。都心の公園のバードサンクチュアリでインタープリター(=自然解説員)を3年半、干潟の残る野鳥公園でレンジャーを2年、都内の狭山丘陵ではレンジャーを6年勤めました。
 東京都レンジャーになってからは2年と少しです。最初は小笠原に1年いて、今は高尾山に勤務して1年2ヶ月になります。」

現在は高尾山で東京都レンジャーとして勤務する大畑さん。自然を守るために必要な行動は指導したり規制したりするのではなく、利用者と一緒に作り上げていきたいと考えている

 そのレンジャーの毎日とはどんなものなのだろうか?
「それはもう多種多様というか、臨機応変というか(笑)。現在、都のレンジャーは多摩地域に12人、小笠原諸島に7人が配属されています。多摩地域は高尾、奥多摩、御岳(みたけ)、檜原(ひのはら)の4地区に3人ずつ、小笠原は父島に4人、母島に3人です。
 基本的には環境保全に関わる業務と、観光客や登山客らによる自然公園の適正利用をお願いするのが仕事です。利用者への声かけや広報活動、マナーやルールを守っていただく啓発活動もしますし、盗掘防止のため、動植物の生態調査もおこなっています。
 どの地域も、巡視は基本的な業務のひとつだと思います。担当エリアを歩きながら登山道は荒れてないか、危険な倒木などはないかを見て回るんです。あとは東京都自然公園利用ルールで守っていただきたいこと、たとえば写真撮影に夢中になって登山道から外れている人がいたら声をかけるとかですね。もちろん自然公園内で禁止されている行為については厳しい態度で臨むこともありますし、希少植物には監視中のタグをつけて盗掘を防ぐ、といったこともします。
 それぞれの地域・地区で自然公園の利用者数や利用の仕方が違うので差はあると思いますが、担当エリアを巡視することが、仕事の基本になると思います」
 自然を守るためには動植物と適度な距離感で接することも必要になる。レンジャーはその距離感を見守り、調整する役目を負っているのだ。

  • 高尾山山頂にある「高尾山ビジターセンター」。ここが大畑さんら東京都レンジャーの詰め所にもなっている
  • ビジターセンターでは道案内や高尾山の自然紹介はもちろん、こうしたレンジャーの活動を知らせるブースも設置している
1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot