line_box_head

【毎日コフラン】焚き火のMPアップ間違いなし。渡辺信吾のコフラン第1位は……トライポッドグリル

(2019.06.19) PR

道具のTOP

icon

トライポッドグリル を てにいれた。 さいだいMPが 18ポイントふえた!

 焚き火だけでも楽しいが、焚き火で調理ってのは、なんともワクワクする。
 ソーセージやマシュマロをくるくるしながら焼いたり、アルミフォイルに包んだ食材をそのまま焚き火に突っ込んだり、釣りキチ三平みたいに火の周りに串に刺した魚を並べて焼いたり……。想像しただけでキャンプに行きたくなる。

 コフランには、焚き火で調理するための道具がいろいろある。ブロイラー、キャンプフォークレスト、キャンパーズ スモア グリル、テレスコーピングフォーク 、キャンプクッカーなどなど。日本で販売していないものまで含めるとかなりのラインナップ。おそらくコフランさんも、よほどの焚き火好きなのだろう。

 そんな焚き火調理道具のラインナップ中から、ついにゲットしたぜ。前々から欲しかったのだが、なかなか手を伸ばせずにいたコフランのトライポッドグリル! 

 さっそく組み立ててみた。
 足は4本継ぎのスチール製ポール。3つの穴が空いたディスクにポールを差して固定するだけ。チェーンも付属していて、円形のグリル網を吊るして使える。火からの高さは、チェーンに付いたストッパーで調節できる。

 まぁ、なんということでしょう。
 バエるじゃないですか! テンション上がるじゃないですか!
 吊るした網を水平にするのにちょっと苦労するけど、そんなの気にしない。
 これで焚き火しながら、鍋吊るせるぜ! 肉吊るせるぜ!!

 ちなみにパッケージには「箱は捨てないで収納ケースにしてね」的なことが英語で書いてあった。ウケるwww。

 おそらく半年も使っていると、パッケージはボロボロになってケースとしての役割を果たせなくなり、惜しまれつつも退役していくことだろう。

 なんかいいかんじの収納ケースも探そうっと。


 

◼︎コフラン コフラン トライポッドグリル #9340
価格:6,264円(税込)
高さ:158cm 網面:43φcm 重量:2.6kg 素材:スチール 耐荷重:15kg
 
 

 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot