line_box_head

ヒマラヤ山麓を結ぶロングトレイルGHTから見えてきた伝えるべきコト。写真家・飯坂大の道行き

(2017.04.12)

アウトドアのTOP

icon

今シーズンから、アウトドアのさまざまなシーンで活躍するプロフェッショナルたちがグレゴリークルーとして始動します。アルパインクライマーやバックカントリーガイドから、トレイルランナー、写真家、イラストレーターなど、グレゴリーのバックパックを背負って世界のフィールドを縦横無尽に駆け巡る彼らの活動をグレゴリーが応援します。そこで【REAL BACKPACKING WITH GREGORY】では、今回、グレゴリークルーとなったメンバーのプロフィールやこれまでの旅のハイライトを紹介。第1回目はヒマラヤ山麓を結ぶロングトレイル、グレートヒマラヤトレイルを旅する写真家・飯坂大さんです。
 *
 世界の屋根たるヒマラヤ山脈。エベレストをはじめとした8000mを越える高峰が知られる一方で、その山裾には古くから人の暮らしがある。

 鬱蒼とした森があり、沢が流れ、目のくらむような深い渓を削り、石をつみあげて拓かれた田畑――。

 ネパールの東西を貫くヒマラヤ山脈の麓にはそうした暮らしがあり、それらの集落を結ぶ生活道が編み目のように張りめぐらされている。そんな古くからの踏み跡をつないだロングトレイルがグレートヒマラヤトレイル(GHT)だ。

 GHTにはふたつのコースがある。標高3000~6000m以上におよぶUpper Route(山岳ルート)と標高1000~4000m以上のLower Route(丘陵ルート)。総延長距離は、山岳ルートで1700km、丘陵ルートで1500kmほど。より長い山岳ルートを2014年から歩きはじめ、知られざるネパールの魅力を伝えているのがGHT Projectであり、同チームで撮影を担当するのが写真家の飯坂さんだ。

 「年に一度、ひと月からひと月半ほど旅しているのですが、歩き終わってからが勝負というか。伝えることに全力をかけていて、そこがひとりでの旅とは違う部分ですね」

http://ghtproject.com/より転載

1 2 3
 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot