line_box_head

ジャンスポーツ×Akimama 「奥多摩むかしみちサイクリング」。電動アシスト自転車と「ハチェット」で “むかし” をめぐろう。

(2019.11.29)

アウトドアのTOP

icon

 4.5㎞ほど進むと、しだくら橋がある。この橋がかかっている惣岳(そうがく)渓谷も絶景の名所だ。みな、高さと揺れで「こわい!」と叫びながらも、つい絶景を見ようと下をのぞき込んでしまう。

「惣岳の荒(あら)」と呼ばれ、巨岩と紅葉の木々が、あざやかなコントラストとともに、渓谷のうつくしさを見せている。

(左)渓谷の見晴らしがいい「西久保の展望台」。ここも紅葉スポットだ。(右)展望台の先にあるトンネルを抜けた先の橋からも絶景の見晴らしが。

 ここからは青梅街道に出る。1㎞の登り坂で、途中長いトンネルも通過する。車の通行も多いので、要注意区間だ。

 折り返し地点の奥多摩湖に到着! 天気も良くあたたかい。奥多摩のおいしいコーヒーと、お菓子が振る舞われ、ちょっとひとやすみ。

奥多摩駅二階の「Gotta Coffee(ガタコーヒー)」のドリップコーヒーと、お菓子「ゆずみそ煎餅」。休憩中は出口さんによる奥多摩豆知識で盛り上がっていた。ホタルの話や、ジビエ、渓流釣り……、気になる人はトレックリングへGO!

 ジャンスポーツのハチェットは、気軽に楽しめる、週末のカジュアルアウトドアに最適なバックパックだ。筆者がこのイベントに持っていた荷物は、ノートPCに、防寒用のダウンジャケット、雨具の上下に500㎖のペットボトル、さらに振る舞ったコーヒー用に、ガス缶とバーナー、境の清泉でくんだ水が3.5ℓ入っていても、なお余裕があるほど。

サイドポケットに入れていたペットボトルは、砂利道ではげしく動いても落ちることはなかったし、フロントにあるループには、帽子やコップなど、すぐに使いたい物をつけておける。今回のような、カジュアルでオシャレなサイクリングにはピッタリだ。

 参加者からは、
「背中のフィット感が良かった上に、負担がなく疲れなかった。自転車との相性がいい。」
「大きい開口部が好き。使い勝手がいい。」
「ポケットが多くて、たくさん荷物が入るし、見た目がかわいい!」
「カラーが豊富で、色違いを揃えたい!!」
といった声が上がっていた。

下りは、こがずともスピードが出るし、日も落ち始めているため、寒くなる。防寒着をきて準備万端。

 小一時間ほど奥多摩の自然と、おいしいコーヒーを満喫。さぁ、復路だ。来た道を奥多摩駅まで一気に駆け下りる。なんと約30分で下りられてしまうらしい。

「あのスピードで下るのがスカッとした!」という参加者も。風を切るのは気持ちいいですが、ガードレールの向こうは崖なので暴走注意。

 楽しい時間はあっという間。トレックリング奥多摩店近くまで戻り、もうおしまいかと思っていると、ガイドの出口さんが「一か所秘密の場所に行ってみましょう」と寄り道を提案してくれた。

 さて、どこに行くのだろう、とついて行ってみると、そこは、いまにも動き出しそうな工場の真ん前だった。予定になかったサプライズにみな大興奮。「ハウルの動く城みたいでかっこいい!」とか「自然の渓谷と人工物がすごくマッチしてる!!」といった声が上がり、撮影タイムがはじまった。

 この工場、ぱっと見は廃墟のようだが、まだバリバリの現役でフル稼働しているそう。山で採掘した石灰石の加工工場だという。

 そして、トレックリング奥多摩店に戻り、イベントが終了した。

よく見ると、工場の設備にところどころ木がはえている。中で人の往来が見え、稼働しているのがわかる。

 奥多摩は紅葉の時期もいいが、4〜5月の新緑の時期もいいというし、トレックリングには、今回の「奥多摩むかしみち」以外にも、奥多摩から青梅まで下る「癒しの裏道」「悠久の文化巡り」「青梅七福神巡り」というコースも用意されている。「奥多摩のことはなんでも知っています。おいしいごはんの店、温泉、穴場観光スポット。自転車のレンタルはせずとも、ぜひ気軽に店に立ち寄ってください。」と言ってくれてもいるので、ぜひ奥多摩に “ハチェット” を背負って訪ねてみてはどうだろう。


ハチェット
容量:28ℓ
重量:0.6㎏
サイズ:46×31×20㎝
素材:600デニールポリエステル
カラー:FIELD TAN/MUTED GREEN 他7色
※イベントでは現在販売されていないカラーも使用しています。
価格:11,000円+税

【写真=Chica Suzuki】

1 2
 
 
ライター
河津 慶祐

高山縦走からクライミング・沢登り・トレラン・バックカントリーと一年中オールラウンドに山を楽しむ。山道具好きが高じてライター・編集者に。典型的な器用貧乏で、やりたい事が多過ぎ、広く浅くになってしまっているのが悩み……。ブログは「Mountain Gear Laboratory

line_box_foot