line_box_head

今日は啓蟄。

(2013.03.05)

登山のTOP

icon

画像

春の到来を告げる花、ミツマタもポカポカ陽気に誘われてご覧の通り。名前の由来は、枝の先が必ず三つ又になって出てくることから。ジンチョウゲ科ミツマタ属という分類にあるだけに、ほのかな甘い香りも特徴です。野山で見つけたら、クンクンといい香りを楽しんでみてくださいね

画像02

水ぬるむ春。雑草についていた朝露の珠がキラキラと反射していました。ボチボチ、活動開始です。さぁ、山行くぞ〜!!

画像03

こちらは足元で見つけたクモの巣。よ〜く目を凝らすと、白い糸の中にクモが蠢いているのが分かります。うん、ここにも春を見つけました。虫も蠢く春ですね。あ、クモは虫じゃないですが……

 まだまだ寒い日が続きますが、今日はあったかポカポカ日和。気象庁の発表によれば、本州付近は西からの高気圧に覆われ、九州から関東にかけては広く晴れの見込み。最高気温も12度から15度の予想で、日差しのあたたかな春の陽気となるそうです。一昨日は暴風雪に見舞われた北海道エリアでも、今日は雲が多めながらも晴れ間がのぞくとか。

 いつまでも寒いなとは思いつつも、春は一歩一歩、確実に近づいているようですね。しかも、3月5日は二十四節気の啓蟄にあたります。季節の移ろいを見事な言葉に変えてきた昔の人たちの感性には、ただただ敬服の至り。「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也」とは、江戸の昔に『暦便覧』を記したとされる太玄斎(宍戸藩5代藩主 松平頼救の号)のお言葉。なるほど今日の日差しには、虫も蠢く春を感じますね。

 春はそこまで。となれば、冬ごもりしていた人間も、そろそろ活動開始の時期ですよ。山はまだまだ冬景色ですが、本格的な山のシーズンももうすぐそこに。炬燵で丸まった背筋を伸ばし、押し入れで埃を被った山用具をズルズルッと引き出す、いいタイミングかもしれません。

 春山、そして夏山のシーズンも、気がつけばあっという間にやってくるでしょう。雪の山には興味がないという人も、まずは近郊の花の山を目指して足慣らしを。本格的な山のシーズン開幕までカウントダウンが始まりました。みなさん、準備はいかがです?

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot