line_box_head

山ガールはコケ女子へと進化する!?

(2013.05.21)

登山のTOP

icon

画像

山でよく見かけるこれは「スギゴケ」。まるで実際の森をそのままスケールダウンしたかのようなシルエットは名前の通り。スギゴケの群生をジッと眺めていると、自分がミクロな世界に吸い込まれていくような気がする

画像02

岩と倒木とをシームレスに繋ぐ。なんというバリアフリー!と感動しながらも、複雑な地形を空から見下ろしているような錯覚にとらわれる

画像03

ギアナ高地、ってこんなんじゃなかったっけ?

画像04

この時期、新緑とのマッチングも絶妙です

 いよいよ春から初夏に向かうこの季節。山歩きの際、ぜひとも目に留めていただきたいのが「コケ」であります。岩に、倒木に、はたまた切り株に。さまざまな形のコケが所狭しと育ち、四方八方へと葉を伸ばしています。言われてみれば、それはまるで小さな森。この超ミニチュアサイズのみずみずしい緑の中に、ちいさなちいさな人たちが暮らしているようにも思えてきます。マジ、アリエッティってこんなところに住んでるかも! もしかしてこの森の根本には妖精が隠れてる? メルヘンな女子だけでなく、おっさんでもじゅうぶんそんな気になってくるから不思議なんですけどね。

 この小さな世界に引かれて山歩きを始めるガールズたちも多数。週末ともなれば水の豊かな山を目指してハイキング。美しい緑を写真におさめてひたすら癒されるコケハイキングは人気急上昇中です。中にはマクロレンズ装着のカメラで不思議な遠近感を楽しみながら、ジオラマのようなコケ写真を撮る人も現れています。

 デパ地下の食品街には必ず和菓子やらワインやらの専門店が出店します。それはスポーツ雑誌からやがてサッカー専門誌がうみだされ、バラエティ番組はやがて芸人のトークの場へと変わっていくように。一般の中に特殊化、あるいは専門化のさざなみがたつことは自然の理っていうわけです。

 すでにコケが生えるほど使いつくされた山ガールという言葉に取って代わって、ワンランクマニアックなコケ女子は確実に増加中。今年は山の冬が長かったので、ちょっとコケも遅れ気味。今からでもじゅうぶんトレンドには追いつけます。まずは山歩きをしながら、スギゴケを眺めて架空の森に想いを馳せるあたりからどうぞ。

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot