• 登山

お山のてっぺんカゲ遊び

2013.06.09 Sun

宮川 哲

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

 ブロッケン現象といえば、山頂などで太陽を背にしたときに、自分のカゲの回りに虹のような光の輪が生じることをいう。欧州ではブロッケンの妖怪とも呼ばれているし、日本では御光とも御来迎とも呼ばれている。悪魔の到来なのか神の降臨なのか、善か悪かはともかく、古来からブロッケン現象は人々を惹き込まずにはいない。
 
 光学現象としてはとくに珍しいことでもないが、やはり、山頂でブロッケンなどに遭遇すると、登山者のテンションは急上昇↑。思わず、カゲに向かって手を振ってみたり、両手を広げて神になった気分を味わってみたりするものだ。

 ブロッケン現象は、太陽の斜光と対象物の位置関係によって生まれる現象である。つまり、故意でも偶然でも、その場にいなければ遭遇することはできない。同様の意味で、その一瞬しか味わえない山の楽しみがある。ブロッケン現象よりも派手派手しさはないものの、もっと壮大な気持ちになれる現象だ。
 
 それが「カゲ山」。よく影富士とか影鳥海なんて言葉を耳にすることがあるけれど、あれは、どんな山でも起こりうる現象だ。

 なにも山頂にいなくとも見られるものの、やはり山頂から見ていれば、その感動の深さもひとしおだろう。なんたって、大地をキャンバスに、自分の立っている山自体が大きなカゲそのものになっているのだ。そして、カゲのてっぺんには自分がいるわけである。ちょこっと、天下をとった気分にも浸れるはずだ。

 こんなカゲ山体験をしたいなら、朝夕の斜光の時間に山頂に立っていればいい。できれば、眼下に広がりのある拓けた山を選びたい。つまり独立峰であれば、この条件は満たされる。ちなみに右の写真は、北海道の最高峰・旭岳と、北アルプスは常念山脈にある常念岳のカゲ山である。

 この時間帯の山の空は独特。一瞬たりとも同じ色はしていないので、カゲ山以外の楽しみもあるだろう。ちなみに、さらに夜を迎えると……。満月の夜には、雲海に浮かぶカゲ山なんて神秘的な景観も生まれるらしい。見たい! 今度は、これを見に行ってみようかなー。

 ピークを踏むのも山の楽しみなれど、カゲ山遊びなんて、密かな山の楽しみがあってもいい。

Keyword

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧