line_box_head

米炊きに失敗!! でも、失敗は成功のもと。オイシいエスニック風リゾットできました。

(2014.06.10)

ごはんのTOP

icon

yamameshi1

この米粒の、ひとつひとつのしっとり感よ。米炊きの失敗からのリカバリーが、功を奏してオイシいリゾットになりました

yamameshi2

山の上でガンタ米を炊いてしまったとき、気分はブルー。仲間たちの目が、さぞかし冷たいことでしょう。でも、勝負はここから!

yamameshi3

グリーンカレーといっしょにグツグツと。ガンタ飯からのリカバリーには、ここがいちばんの耐え時です

yamameshi4

ほら、立派な山ごはんのでき上がり。シェラカップによそえば、見た目もオシャレ。味も抜群ですよ〜

 山での米炊きに失敗した経験のある人、そこそこ居るのではないでしょうか。水の加減だったり、火の加減だったり、山の上では標高が高いだけに沸点が違ったりして、なかなかムズカしいんですよね。

 で、じつのところ、やっちまった訳です。オイシく炊けるはずの米が、芯の残ったガンタ米に(ガンタ米、ガンタ飯は山用語。芯飯のことです)。もちろんアルファ米ではなく、生米からの調理だったのですが、米担当が火に掛けるときに、水を入れ忘れたと言うんです。

 米を洗って水を流してを繰り返すうちに、肝心の最後の水を入れ忘れたというのだから、手に終えません。この米担当が後にどうなったのかはともかく、でき上がった芯飯を前に、お腹を空かせた山仲間たちが考えついた対処法は……。

1.そのまま貪る(なんと言っても生米なので、栄養満点、お腹の足しにもなります。硬ささえ我慢すれば、山だからと割り切れれば、それでよし!) 
2.改めて水を加えて、じっくりと煮詰める(ただ一度、ガンタ米になってしまうと、リカバリーはムズカしいんです。米粒が糊化しちゃってますので、米粒に水の入る余地がない!)
3.リゾット風にして、なんとかごまかす

 と、対症法が3つ。でも、山ごはんの楽しみは、山行に占める割合の大きいイベントです。1.はどうしても我慢ならん、と一同。2.については、そもそも無理。できたとしても、味気ないなぁ。燃料がもったいないよね。そして残ったのが3.でした。
 
 この案が生まれた背景には、みなで持ち寄った食材の中に、調理済みグリーンカレーのパックが発見されたため。

 これ、以前にAkimamaでも紹介したことのある「Roi Thai」の紙パックのシリーズのひとつです(該当記事はコチラ)。1パック2人分で200円もしないので、山でグルメを楽しみたい人にオススメしたいのですが、コイツが実力あるんですよね。

 いわゆるグリーンカレーのペーストが、ココナッツミルクに混ざり合った具合でパックされているのです。レモングラスにガランガル、カフィアライムピールにコリアンダーシード、クミンにターメリック、えびペーストなど、タイ料理ならではの本格素材なんかも入っちゃって。もう、ひとくち食べたらタイランドってな感じになれるんです。

 よって、このグリーンカレーを使って「ガンタ米をリゾットにしよう大作戦」の始まりです。

 とは言っても、やるべきことはただひとつ。フライパン代わりのコッヘルにRoi Thaiをひとパック絞り出し、軽くあたためます。そこに、失敗したガンタ米を投入し、全体がしっかりと混ざり合うまで、弱火でコトコト。リゾットなんだから芯飯が当たり前と考え、無駄なあがきはせず、グリーンカレーの膜が米の一粒一粒を包み込めばそれでOK。

 これでよしと思えれば、潔く火から下ろしましょう。あとは、シェラカップに入れて食べるだけ。

 と、ビックリです。ココナッツミルクの効力なのか、コリアンダーの風味なのか、はたまたガンタ米の歯ごたえなのか、ここに絶妙な味わいのエスニック風リゾットが誕生していました。

 Roi Thaiグリーンカレーの新たな食べ方の発見です! なんて大げさなことを言っていますが、もはや調理ともいえず、ただ混ぜ合わせただけのシロモノでしたけれど。

 が、これも失敗したガンタ米があったればこそ。これこそ、怪我の功名というものでしょう。でも、再現できるかどうかは微妙ですね。あの歯ごたえのガンタ米、もう一回つくれるかな? 
  

  

■「Akimamaで勝手にアレンジ、ガンタ米からの復活グリーンカレー風リゾット」

〈材料 2人分〉

Roi Thai グリーンカレー……1パック

米炊きに失敗したガンタ米……2合

〈作り方〉

1.まずは生米からガンタ米をつくる(笑)
2.コッヘルにRoi Thaiのグリーンカレーを投入
3.弱火で少しあたため、食べられる量のガンタ米を入れる
4.米の一粒一粒にグリーンカレーが絡み合うまでじっくりと
5.完成! ガンタ米の歯ごたえも、リゾットにはピッタリ

 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot