line_box_head

【下山でやってみて】激下り3時間のつらさを忘れる新ゲーム「皆殺ししりとり」

(2016.10.03)

登山のTOP

icon


 美しい山並みが広がる最高の稜線歩きを楽しんだあと、最後は登山口まで標高差1,000mを超えるような激坂を一気に下る……。

 北アルプス・燕岳から中房温泉への下り、南アルプス・赤石岳から椹島への下り、東北・飯豊連峰から飯豊山荘への下り……など、日本の山歩きではこういったきつい下山ルートに出くわすことがたびたびあります(つまりは登りも大変ということなのですが)。

 景色の変わらない樹林帯の単調な下山道のなか、足を取られる根っこや段差の大きな岩場、滑りやすい泥道など、疲れたカラダをさらにムチ打つ斜面をひたすら下り続ける下山は、忍耐力と足の筋力との戦い。この時間を好きだという人はなかなかいないでしょう。

 さて、今回はそんなつらい時間を忘れ、いつの間にか下山口まで降りていた!というあるゲームをご紹介。Akimamaスタッフが先日でかけた山で、あまりにも単調な下りにたまらず始めた「しりとり」が仲間うちでどんどんと進化し、ゲーム性の高い遊びを誕生させたのであります。

 その名も「皆殺ししりとり」。こわっ!

 このぶっそうな響きは、しりとりで答えられなかった人全員を1名が一網打尽にし、全員にペナルティをかぶせるということからつけたネーミング。

 遊び方はとてもシンプル。順を追って説明しましょう。

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot