• 山と雪

ただ合体させるだけ!「ものぐさ男の山ごはん68」は中華系お総菜でグレードアップ感半端ないアレンジラーメン

2021.10.14 Thu

A-suke

A-suke BASE CAMP 店長

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。
 

 さてさて10月になりました。やっと東京の緊急事態宣言も解除されて本業のお店の夜営業も再開。まぁ、21:00までなのでなんだかですが、しばらくぶりの夜営業ですからリハビリにはちょうどいいのかも。

 さて、今回のレシピはレシピというほどでもないTipsですね。作るのは「豆腐よだれ鶏ラーメン」。

 使う食材はコチラ。
 コレでわかっちゃいますよね。ただ合体させるだけです。

 中華系お総菜はラーメンとただ合体させるだけで美味しいんです。冷凍では青椒肉絲麻婆茄子、それからレトルトの中華丼の素など袋麺と合体させると「素ラーメン」が「中華そば」にグレードアップします。

 しかしこのTipsでも真打と言っていいのが今回の「やみつき冷奴よだれ鶏」とマルちゃん正麺醤油味のコンビネーション。袋麺は好みのモノでも大丈夫でしょう。

 このレシピはとくに少し寒い時期には超オススメ。

 ではさっそく作り方。
 まずは鍋(フライパンですが)に水を入れて沸かします。

 で、麺を入れて煮込む。まぁ、普通です。今回はスープを2種入れるので水の量は少なめにしない方がイイですよ。多めにすることはないけどね。
 で、途中で「やみつき冷奴よだれ鶏」を投入。
 豆腐は適度に崩してやさしく混ぜて麺と一緒に温めましょう。あまり崩しすぎると具っぽくなくなるので要注意!
 麺が程よくなったらまずはよだれ鶏のタレを入れて……。マルちゃん正麺の醤油ダレを入れてやさしくかき混ぜたら完成。
 しょうゆ味に辛味と酸味が加わって立派なスープに! たまにあたるナッツが美味い! もちろんお好みでネギやゴマ油加えてもいいね。

 鶏肉だけじゃなくて豆腐が優しいアクセントになって満足度も高い! 唯一の弱点はちょっとゴミが油や水分が多くてザックでの漏れに注意ってことかな。

 では来月もお楽しみに!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)


【ものぐさ男の山ごはん】すべての記事はこちら

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント