• 山と雪

富士山麓電鉄(旧富士急行)が車両を1両を貸し切っての “写真撮影” と “地図読み” 山歩きツアーを開催!

2022.04.16 Sat

村石太郎

村石太郎 アウトドアライター/フォトグラファー

 ゴールデンウィーク目前の週末、なんとも魅惑的なアウトドアツアーが開催されることになった。主催者は、山梨県の大月駅から富士山麓の富士山駅や河口湖駅をつなぐ鉄道会社「富士山麓電鉄(旧富士急行)」。貸し切りにした1両の車両に揺られながら、国際登山ガイドの天野和明さんとプロカメラマン松本 茜さんを招いて、それぞれ「プロに学ぶ “地図読み” 山歩き」と、「プロに学ぶ山歩きのポートレート・テクニック」と題したセミナーを行なうハイキングイベントだ。

富士山麓電鉄が車両を1両を貸し切っての “写真撮影”と“地図読み”山歩きツアーを開催! 「プロに学ぶ “地図読み” 山歩き」と、「プロに学ぶ山歩きのポートレート・テクニック」

 当日は、大月駅に集合したのちに富士山麓電鉄の車両に揺られながら、各コースそれぞれの目的の駅で降りて登山口へ向かい、山歩きを楽しみながら登山技術と写真撮影の上達をめざす。

 イベントを企画したのは、なんと現役の運転士というのもおもしろい。登山好きが昂じて、電車を利用してのツアーを企画してしまったというのだ。昨年12月に開催されたときには講師や運転士、車掌らを含めた総勢20名が集まり、電車内での講習と撮影に大いに盛り上がり、霊峰として知られる三つ峠の山腹にある母の白滝までゆっくりと散策を味わった。

 今年は、天野和明さんと行く地図読みコースでは、月江寺駅で電車を降りて浅間地区山神社や御殿(新倉山)、忠霊塔などの人気スポットを巡る。いっぽうの松本 茜さんが講師を務めるポートレート・コースは、明治期に造られた産業遺産をたどるハイキングルート「都留アルプス」を歩いたあとでカフェに立ち寄り、撮影した写真の講評会も予定している。

富士山麓電鉄が車両を1両を貸し切っての “写真撮影”と“地図読み”山歩きツアーを開催! 「プロに学ぶ “地図読み” 山歩き」と、「プロに学ぶ山歩きのポートレート・テクニック」

 いずれも予約のキャンセルが出たことで若干の空席があるということなので、興味のある人はぜひ問い合わせてほしい。開催は、地図読みコースが4月23日(土)のみ。ポートレート・コースは4月23日(土)と24日(日)の2日間となる。参加費は、地図読みコースが11,000円(税込み)、ポートレート・コースが13,000円(税込み)となっている。

 なお、予約などの詳細は下記のURLを参照してほしい。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/022c53c5tz721.html

 参加費には、富士山麓電鉄特急フリーきっぷ(2日間有効の電車フリーきっぷ)とセミナー受講料、レジャー保険、おむすび弁当が人気の「おむすびのおおみや」のお弁当が含まれる。気温もあたたかくなり、開放的な気分になってきた大型連休に登山を計画していたり、写真撮影に出かける予定だという人も、ぜひとも予習を兼ねて参加してはいかがだろう。

村石太郎

村石太郎 アウトドアライター/フォトグラファー

アウトドアや登山専門誌を賑わすアウトドアライター、フォトグラファー。精力的に世界各地のアウトドア・ブランドへの取材へと出掛け、そこで得た登山装備と登山道具史についての知識は国内随一。過去20年にわたって、アラスカ北部に広がる原生自然帯での遠征活動を続ける冒険旅行家としての顔も持つ。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

森山憲一 登山ライター

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

村石太郎 アウトドアライター/フォトグラファー

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント