line_box_head

NH!出演陣詳報その1 「その辺のもので生きる男、テンダー」が未来の世界の暮らし方を語る!

(2014.05.12)

カルチャーのTOP

icon

テンダー

全身に泥を塗ってカムフラージュを楽しむテンダーさん。「上手な人がやると、1m近くまでよっても見つけられません」。トラッカースクールから戻ったあとは、 鹿児島県枕崎市の「アースハーバー」で高橋素晴さんらと自然学校を展開。現在はウェブデザイン、講演、執筆など幅広く活躍中

ソーラーパネル

ソーラーパネルは中古品を利用。「太陽光発電で重要なのは、いかにたくさん発電するかではなく、いかに効率を高めるか。発電効率の悪いひと世代前のパネルでも、使い方次第で十分使えます」

囲炉裏

「てー庵は室内の空気に効率よく熱を伝え、煮炊きもでき、若干の灯りもとれるという、夢の暖房器具を装備しています。ええ、囲炉裏です」。居間のど真ん中に手製の囲炉裏を工作。料理は炉囲炉裏とロケットストーブで行なっている。

火起こし

ワークショップではアメリカ先住民からの流れをくむ原始技術を紹介。トークステージでは自身の体験に基づく、地域の自然やエネルギーを生かした低コスト、低インパクトな暮し方「テンダフルライフ」を解説する予定

 Akimamaスタッフも出演陣の招聘をお手伝いしている野外フェス「Natural High!」(5月24、25日開催)。今年はライブに加え、トークステージとワークショップがパワーアップ! 野外活動や登山、自然に根ざした生活の実践者のトップランナーが山梨県・道志村に集結します。一人ひとりが単独でも講演会を開けるほど実力があるのに、そんな人たちが一堂に会すると何が起こるのか!? そんな今年のNH!に波乱をもたらしそうな強力な出演陣を、何度かに分けてご紹介します。第一弾はAkimamaでも連載をもっている鹿児島在住のヒッピー、テンダーさんです!

 
 

  野外活動や自然に寄り添う生活技術などを紹介するメディアのうち、いまもっとも刺激的なサイトのひとつが「ヨホホ研究所」

  扱うテーマは火起こしなどの原始技術、野生鳥獣の利用方法にはじまり、太陽光発電やiphoneの改造まで振れ幅比類なし。人類が数万年かけて蓄積した知識のなかから、ローテク、ハイテク問わず現代を生きるのに役立つアイデアを掘り起こし、発信しています。

  このサイトをひとりで運営し、実践から撮影、執筆までこなすのがヒッピーの「テンダー」さん。「その辺のもので生きる」ことを旨とする彼は、自然や廃物を利用して、生活に必要なあらゆる資源を得たり、道具を作り出します。

  彼の活動の根底にあるのは、北米のネイティブアメリカンのトラッキング技術。動物の足跡からその主の行動を読み取る術や、安全な水を得る方法、火を起こす方法を「トラッカースクール」で学んだテンダーさんは、帰国後、その技術を日本の自然に合わせて応用・拡張。
 
  現在は鹿児島の限界集落に暮らしながら、罠をしかけたり、野生獣を解体したり、電気は自宅の屋根で太陽光発電、水は山水、火は裏山から得た薪とそれから作った炭を利用する、という生活を送っています。

「自宅である低支出・低所得・低負荷の年間家賃1万円の家、『てー庵』では家族3人の生活に必要な電力を300Wの太陽光発電でまかない、水と火も裏山から得ています。自然から糧を得て、低予算・低負荷の暮らしを実践するプレイヤーとしては、国内でも先端を行っていると思います。
この暮らしをするなかで、ふだんは良しとされる自然エネルギーの抱える問題も、おのずと見えてくるようになりました。NH!では、このあたりのお話もみなさんと共有できればと思います」

とテンダーさん。

  テンダーさんは現在の自身の暮らしぶりを紹介するほか、原始技術のワークショップも展開。また、ほかの出演陣と対談、鼎談も行なう予定。ヨホホ研究所を読んで気になっていた人は、本物のテンダーさんに会うチャンスです!

 
 
ライター
藤原祥弘

採集系野外活動を中心に執筆とワークショップを展開。著書に『海遊び入門』(小学館・共著)ほか。好きな獲物はカンパチとノコギリガザミ。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot