line_box_head

監督、撮影、登攀の三刀流!ジミー・チン特別インタビュー。映画『MERU/メルー』今週末に公開

(2016.12.26)

カルチャーのTOP

icon

 山岳ライターの森山憲一です。こんにちは。

 なんて始めると、上の写真が私だと思ってしまう人も多いかと思いますが、残念ながら違うのです。この人はジミー・チンというアメリカのクライマーでありフォトグラファーであり映像作家。今度の大晦日から公開される映画『MERU/メルー』の監督を務めた人物です。映画公開に合わせて来日したので、インタビューをしに行ってきたというわけです。

 この映画は、インド・ヒマラヤにあるメルーという山を登った3人の男たちのドキュメンタリー。すべて実話であり、映像もリアルのもの。映画のために撮影されたのではなく、実際の登攀時に撮影されています。この山はカメラ1台持っていくのさえためらわれる極めつけの難峰。これだけ厳しい場所でこれだけ本格的な映像作品が作られた例は過去になく、「本物の山岳映画」として、前評判も高い作品となっています。ジミーはその監督であり、3人のクライマーのひとりでもあります。

 さて、冒頭で私、「クライマーでありフォトグラファーであり映像作家」とさらっと書きました。「要するに何でも屋?」みたいになんとなく思った方、認識を死ぬほど改めていただきたい。ジミーは一流の才能が3つ備わったような人物で(ついでにいえばルックスもカッコいい)、クライマーとしてもクリエイターとしても、それぞれでタイトルを取れるような人なのです。言ってみれば、ピッチャーもバッターもどちらもトップレベルでプレイできる日本ハムの大谷翔平のようなもの。大谷翔平との違いをいえば、ジミーはそれを世界を舞台に行なっているということです。

クライマーとしてのジミー
(c) 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.

 これは、アメリカ・ヨセミテ渓谷の有名な大岩壁エルキャピタンを登るジミー。登っているルートは「パシフィック・オーシャン・ウォール」と呼ばれているところ。登り切るには1週間かかるという難ルートで、日本人でこのルートを登ったことがある人は数えるくらいしかいないはずです。このほかにもジミーは膨大なロッククライミングの実績を持っており、エルキャピタンで15回もワンデイアッセント(1日で登る)を記録しているそうです。

(c) 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.
 ロッククライミングだけではなく、氷雪壁を登るアルパインクライミングでの強さも半端ではありません。

 上の写真は今回の映画の舞台となったメルーという山を登っているワンシーンですが、ジミーたちが登ったこのルートは、この20年ほど世界のトップクライマーたちが何度もトライしながら誰一人として登れなかった難ルート中の難ルート。これはジミーを必要以上に持ち上げるために盛って語っているのではありません。なにしろ、そのトップクライマーたちというのは、マグス・スタンプ、ジョニー・ドウズ、ブルース・ミラー、ニック・ブロック、ジュールス・カートライト、ピート・タケダ、ワレリー・ババノフ、馬目弘仁、シルヴォ・カロ。これらの名前を見れば、アルパインクライマーなら瞬時にルートの価値を了解するはずです。

 2011年にジミーたちが登ったというニュースを聞いたとき、私も「ああ! ついに登られたか!」と興奮した覚えがあります。「シャークスフィン」と呼ばれ、世界中のクライマーのターゲットとなってきたこのルート。これを登ったということは、アルパインクライマーとして世界最上級の勲章を得たといっても過言ではないのです。

1 2 3
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot