line_box_head

MONORALの空のようなタープが進化。「スカイフィルム200SIL」登場!

(2016.02.01)

道具のTOP

icon

 軽量でコンパクトな焚き火台「ワイヤフレーム」で知られるMONORAL。そのMONORALのタープ「スカイフィルム200」がリニューアルして「スカイフィルム200SIL」として新登場!

 軽やかな青灰色はそのままに、布地は「シルポリエステル」へと変更。耐久性を高めつつ重量を軽減し、収納サイズもひとまわりコンパクトに。おまけに定価も大幅にプライスダウン! ユーザーにうれしいリニューアルとなりました。

「シリコンポリエステル布地の採用で、耐水圧は1000mmに向上。UVカット加工も継続しているので、雨天、晴天ともに快適にすごせます。タープの下には道具を吊るせるユーティリティラインを追加し、ALソリッドペグ20が6本付属します。本体と張り綱の重量は合わせて約900gになりました」

 とは、MONORALのオーナー/デザイナーの角南さん。

 スカイフィルム200SILの定価は¥27,000(+税)。¥750のペグが6本付属するということは、幕体だけでは¥22,500。4×4m程度のサイズのタープとしてはなかなかのお手頃価格です。

 形状は使い勝手がよく姿も美しい変形ヘキサ。大型テントにさしかけて居住空間を作り出したり、車中泊では車の脇に展開してリビングとしてもよさそうです。

 軽量なので、複数人での離島へのバックパッキングやカヤックツーリングでの共同装備としても活躍するでしょう。

 幅広いフィールド、用途で使える定番モデルとなりそうです。


センターの直下には、ライトや小物、衣類を吊るせるラインを新しく装備。


余裕のあるスタッフバッグは細身。バックパックのサイドに挟むといったパッキングもできそう。

■MONORAL/スカイフィルム200SIL
価格 ¥27,000+税
重量 900g(本体/張り綱)
材質 50Dポリエステルタフタ
問合先 有限会社TSDESIGN モノラル係
info@monoral.jp

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot