line_box_head

真冬の野外でも熱々のコーヒーが飲みたいあなたへオススメ『GSI ジャバプレス』

(2017.12.11)

道具のTOP

icon

 ハイキング中、景色の良い場所で熱々のコーヒーを飲みたいが、寒い山の中では、コーヒーを淹れ、他の食事を用意している間にコーヒーはもう冷たくなっている……。やっぱり熱々のコーヒーが飲みたい。

 熱々のコーヒーを飲む為に行っている方法は3つ。一つはインスタントコーヒーにする。味はイマイチだが熱々のコーヒーが飲める。もう一つはチタンのシングルウォールマグカップを使い、冷えたら直火で温め直す。最後がこのフレンチプレス機とマグカップが一つになった『GSI コミュータージャバプレス』を使う。コーヒーを作ってそのまま飲めるので、少しだけ冷めにくい。

 この『GSI コミュータージャバプレス』は、保温カバー付きのマグの中に、フィルター付きのプレスパーツが入っている。中に直接コーヒーとお湯を入れ、フィルターを押し下げればフレンチプレスコーヒーの完成だ。家でコーヒーマメを入れてくれば、お湯を入れるだけで完成する! インスタント並みの手軽さも気に入っている。あまりに手軽すぎて家でも使っているほど。カップの中で完結するため、冷たい外気に触れず、比較的に暖かいコーヒーが飲める。ちなみに440mlまで一度に作ることが可能だ。

 底には滑りにくいゴムキャップ。本体にはクッション性のある保温素材。トップパーツには、カラビナでぶら下げれる穴や、飲み口と蓋もあり、蓋をしてそのまま持って帰ることも可能だ。重さが気になる時は、周辺パーツを外してプレス部分だけを持ち出すこともできる。

 色々と書いてきたが、動画を撮影してきた。動画を見てもらえれば分かるが、トップパーツを外してお湯を入れれば、インスタント並みに手軽で美味しい熱々のコーヒーが飲めるマグだ。もちろんお茶や紅茶もOK!

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot