line_box_head

<外遊び放談>その① 旅人よ、もう一度パックロッドを手に入れろ!の巻

(2017.04.02)

アウトドアのTOP

icon

 
 
 20年ほど前のアウトドアは、今のように細分化されておらず「なんでもあり」の世界だった。

 今では登山用品しか扱っていない山専にも、当時は折りたたみ式のカヌーが当たり前に並んでおり、登山用品店というより冒険用品店のような趣きがあった。

 東京の竹芝桟橋や鹿児島港や石垣島の離島桟橋には大きなバックパックを背負った若者がたむろしており、そのバックパックには足ヒレやら、釣り竿やら、真鍮の鍋やらがくくりつけられていた。

 外遊び好きの少年は、小遣いを貯めるとまずMTBを手に入れた。裏山を走りまわり、長い休みには荷物を積んでツーリングに出た。あのころのリジットのMTBの多くには、キャリアをつけるためのダボが付いていた。

 少年が青年になる頃にはMTBからオフロードバイクへ乗り換え、給料をもらうようになったらフォールディングカヌーを手に入れ、人によってはそのカヌーに犬を乗せた。

 あの頃は、バックパックも自転車もバイクもカヌーも旅の道具だった。

 多くの人がジャンルの垣根を越えて、縦横無尽にいろんな遊びを楽しんでおり、道具は旅の楽しみ方の幅を広げるツールだった。

 当時に比べると今は遊び方のスケールが小さくなったと思う。登山、ハイキング、シーカヤック、自転車、釣り、キャンプ、バードウォッチング……。それぞれのジャンルのなかで遊びが完結し、他の遊びと組み合わせる人は少ない。

 最近のアウトドア業界を覆う「同好の士で小さくまとまる」雰囲気については、反省もしている。情報の発信をしている僕らが、それぞれの楽しみ方を単体でしか紹介してこなかったことにも、きっと一因がある。

 僕らが先の世代から教えられた「アウトドア」とは、無人島にカヌーで出かけてそこで大きな焚き火を燃やし、ガスカートリッジを火中に投じてそれをふっ飛ばしたり(いま記事にしたら別の意味でも大炎上だ)、アマゾン川を筏で下ったり、大陸を自転車やバイクで走破することだった。

 先の世代は楽しむことに貪欲で、よい面でも悪い面でもスケールが大きかった。そして、そんなカルチャーに触れて成長しながら、僕らの世代が今やっているのは外遊びの記事の隅っこに、せっせと注意書きをつけることである。

「※焚き火は燃えるものが近くにない場所で行ないましょう」とか、「※水辺で遊ぶときはライフジャケットを着用しましょう」とか、「※食草とよく似た毒草もあるので採集は知識のある人と行ないましょう」なんてことばっかり書いている。自分でも「そんなの書くまでもないことじゃん」と思いながら。

 読者が興味を抱いたとたんに先回りして注意を与え、考える機会や挑戦する機会を奪う。やる気になった人にちょっと水をさす。

 最近は、想像もつかない失敗をする人(そして、その失敗を人のせいにしたりする)が増えたとはいえ、僕らの世代が萎縮しながら情報を発信し、広い世界を狭くしたのは否めない。

 野外活動なんて、汚くて危なくて事故が起きて当たり前。最初から最後まで、自分の行為に我が身で責任を持つことに醍醐味がある。事故が起きるリスクや不快な状況は決して「悪」ではない。ケガや事故が起きる可能性まで孕んでいることが、アウトドアを魅力的にしている。

「絶対に安全なアウトドア」はスパイスの入っていないカレーのようなものだ。もはやそれは、存在する意味を失っている。

 そして、読者に釘を刺しながら遊びを紹介してきて思うのだ。読者が事故を出さないように、小さな紙幅でもわかりやすいようにと記事を小さくまとめることで、野外活動の世界をつまらなくしてしまったのではないか、と。

 外遊びの本質は自然を目いっぱい感応することにある。出かけた先でひとつの遊び方しかしないのはもったいない。それぞれのジャンルに蔓延する「お作法」にとらわれたり、遊び方を自分で規定することで、もっと楽しめたはずのフィールドを遊び損ねているんじゃないだろうか。

 ……ということで、本連載(いま、連載にすることを勝手に決意)では、掛け合わせることで旅を楽しくする道具やアイデアを、私の気が済むまで紹介しようと思う。

 栄えある第一回のアイテムは「パックロッド」! さあ、2ページ目をクリックだ!

1 2
 
 
ライター
藤原祥弘

採集系野外活動を中心に執筆とワークショップを展開。著書に『海遊び入門』(小学館・共著)ほか。好きな獲物はカンパチとノコギリガザミ。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot