line_box_head

野外が気持ちいい季節。緑に囲まれた野音でのライブなら、さらに気持ちよし!

(2013.05.23)

No tags for this post.

カルチャーのTOP

icon

画像

今年で11回目の開催となるROVOのMDTフェスティバル。毎年参加する、というファンも多い。

画像02

毎年のように野音でライブを行なっているCaravan。今年はたったひとりでステージに立つ。野音の長い歴史のなかでも、ひとりのライブはこれが初だという。photo by SUSIE

画像03

サポートアクトはOGRE YOU ASSHOLEとsalyu × salyu。3つのバンドがラインナップされ、まさに野外フェスの雰囲気。

画像04

震災後にも野音でライブを行なったCaravan。来場者全員にCaravan special photocardのプレゼントあり。

「野音」という名で親しまれているのが日比谷野外音楽堂。大正12年に開設された日本最古の野外音楽堂。今年90周年を迎え、さまざまな「記念事業」が行なわれている。

 官庁街のど真ん中に位置する日比谷公園は、緑も豊かで、まさに「都会のオアシス」と言える空間。野音では、伝説のライブも数多く開催されている。古くはキャロルの解散ライブ。尾崎豊が7メートルの照明から飛び降り骨折したアトミックカフェ、虹が上空を覆ったPHISH…。

 数多くのライブが開催されているような気になってしまうけど、実はライブでの稼働はそれほど多いわけではない。現在は、官庁が休みの土曜と日曜、祝日のみしかライブは行なわれない。しかも4月から10月までの7ヶ月という期間も設定されている。

 近くに開催されるのが、11回目となるROVOのMDTフェスティバルと、野音初のたったひとりのソロライブとなるCaravan。緑に囲まれた都会のオアシスで体感するライブ。フェスの感覚にも近い気持ちよさがある。会場としては珍しくビールなどの持ち込みも可能。野外で音楽を聞くには心地よい季節。週末は野音に出かけてみてはどう?

ROVO presents MDT FESTIVAL 2013

5月26日 
開場:15時/開演:16時
ROVOの野音ライブはコチラをチェック!

Caravan LIVE EXTRA SPECIAL “Lonesome 野音”

6月8日
開場:17時15分/開演:18時
Caravanの野音ライブはコチラをチェック!

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot