line_box_head

活動休止したOvall。ラストライブをタワーレコード渋谷で12月13日に開催!

(2013.12.11)

カルチャーのTOP

icon

画像

2009年の朝霧ジャムを皮切りに、フジロックなど数多くのフェスに出演したOvall。

画像02

11月にリリースされたセカンドアルバム『DAWN』。リリース後、唯一のライブが13日の渋谷タワーレコード。

 2009年、まだファーストアルバムをリリースしていないのにも関わらず、<朝霧ジャム>への出演を果たしたOvall。プロデューサー、トラックメイカーとして活躍するShingo Suzukiが、ドラムスのmabunua、ギターの関口シンゴとともに、「この3人ならば新しい音が作れる」と感じ、始動したバンドプロジェクトだ。

 ジャズやフュージョン、ヒップホップなど、多様な音楽をミックスし、サンプリングした音とともにカラフルなサウンドをジャムのなかに昇華していく。そのスタイルで、<朝霧ジャム>以降、数多くのフェスに出演を果たしてきた。

 3年8カ月ぶりにセカンドアルバムを11月20日にリリース。9月からリリースの直前までに行なわれたツアーでは、そのアルバムに収録された楽曲を、披露するという新たな挑戦も行なわれた。

 そのツアー中に、突然活動の休止が発表された。理由は「個々の音楽に一度立ち返ること」。ひとりひとりの音への追求をさらに深め、いつか3人で再びOvallを再始動してもらいたいものだ。

 リリース後、唯一予定されているのが、渋谷タワーレコードでのミニライブ。タワーレコードのインフォメーションでは「ミニライブ&サイン会」となっているけれど、ツアーと同じスタンスでやってくれることを約束してくれた3人。最後、という言葉は使いたくないけれど、しばらくは見ることはできない、生のOvallをチェックしなくっちゃね。

OvallのHP

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot