line_box_head

桜と一緒に皆既月食! 4月4日はライトダウンして夜空を見よう

(2015.04.04)

カルチャーのTOP

icon

画像

月が地球の影にすべて入り込んでも、地球の大気で屈折、拡散された赤い光が影へと回り込むため、皆既食の間は月は赤黒い満月となる。撮影/成澤広幸 PHOTO/Hiroyuki Narisawa

画像02

東京西部での月食のイメージ。細かいことは忘れても「21時ごろに南東の空」とだけはしっかり覚えておこう!

画像03

関東〜東海のキャンプ場では、ビクセンと一緒に皆既月食観察イベントを展開予定。イベント詳細は各キャンプ場へ!

 本日(4月4日)は皆既月食! 日本全国で月が地球の影にすっぽり覆われる一部始終が(晴れていれば)観測できます。

 月が地球の影に入るのは19時15分ごろで、20時54分には皆既食になり、21時6分まで継続。その後一部が月の影から出て部分食が終わるのは22時45分となっています。

 今回を見逃すと、次に日本で皆既月食が見られるのはおよそ3年後の2018年1月31日。前回の皆既月食が半年前の2014年10月8日だったことを考えると、ずいぶん先のこと。太陽と地球、そして月がほぼ一直線に並ぶ天体ショーをぜひ満喫したいものです。

 皆既月食を楽しむのに、特別な道具は必要なし。9時前後に南東を見上げれば、そこには地球の影に入って赤黒くなった月が肉眼でも見つかるはず。もちろん双眼鏡や望遠鏡があると、月が刻一刻と地球影に入る様をより詳細に観察することができます。

 観察だけではなく、撮影もしたい! という人には、月の軌道をスマホやタブレット上で確認できるアプリがおすすめ。

 光学機器メーカーの「ビクセン」では「Interval Book」という無料アプリを提供中。このアプリを使えば月がどんな軌道を描き、どんな風に欠けるかをシミュレーションすることができ、東京スカイツリーのような建造物と一緒に月を写し込むことができます。

 夜空を明るく照らしていた月が欠けると、それまでは月の光に隠れていた星空が姿を現すのだとか。撮影派ならぜひとも挑戦してみたいモチーフです。

 そんなドラマティックな天体ショーを楽しむために、ビクセンでは月食の間強い光源を弱める「皆既月食ライトダウン」も提唱中。今夜はふだんよりも灯りを暗くして、壮大な天体ショーを見上げてみてはいかがでしょうか?

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot