• カルチャー

桜と一緒に皆既月食! 4月4日はライトダウンして夜空を見よう

2015.04.04 Sat

藤原祥弘

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

 本日(4月4日)は皆既月食! 日本全国で月が地球の影にすっぽり覆われる一部始終が(晴れていれば)観測できます。

 月が地球の影に入るのは19時15分ごろで、20時54分には皆既食になり、21時6分まで継続。その後一部が月の影から出て部分食が終わるのは22時45分となっています。

 今回を見逃すと、次に日本で皆既月食が見られるのはおよそ3年後の2018年1月31日。前回の皆既月食が半年前の2014年10月8日だったことを考えると、ずいぶん先のこと。太陽と地球、そして月がほぼ一直線に並ぶ天体ショーをぜひ満喫したいものです。

 皆既月食を楽しむのに、特別な道具は必要なし。9時前後に南東を見上げれば、そこには地球の影に入って赤黒くなった月が肉眼でも見つかるはず。もちろん双眼鏡や望遠鏡があると、月が刻一刻と地球影に入る様をより詳細に観察することができます。

 観察だけではなく、撮影もしたい! という人には、月の軌道をスマホやタブレット上で確認できるアプリがおすすめ。

 光学機器メーカーの「ビクセン」では「Interval Book」という無料アプリを提供中。このアプリを使えば月がどんな軌道を描き、どんな風に欠けるかをシミュレーションすることができ、東京スカイツリーのような建造物と一緒に月を写し込むことができます。

 夜空を明るく照らしていた月が欠けると、それまでは月の光に隠れていた星空が姿を現すのだとか。撮影派ならぜひとも挑戦してみたいモチーフです。

 そんなドラマティックな天体ショーを楽しむために、ビクセンでは月食の間強い光源を弱める「皆既月食ライトダウン」も提唱中。今夜はふだんよりも灯りを暗くして、壮大な天体ショーを見上げてみてはいかがでしょうか?

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント