line_box_head

どうする日本の自然保護! がんばれ日本のアウトドアカンパニー

(2015.07.09)

カルチャーのTOP

icon

CAJ1

八ッ場ダム計画によって沈んでしまう吾妻渓谷。不必要なダム建設によって失われてしまう日本の渓谷。フィッシングやカヌー、川遊びといったフィールドはもとより、自然とともに暮らしてきた文化や郷土、コミュニティまでもが失われてしまう。(写真提供=CAJ以下同)

CAJ2

日本には貴重な動植物も多く、その生物が生息する環境が開発により、しだいに失われているのも現実だ。

CAJ4

北は北海道から南は沖縄まで、南北に長い日本列島には世界に類を見ない豊かな生態系を有している(@然別湖)。

CAJ4

東日本大震災により被災してしまったフィールドを復興、クライマーたちの手により保全保護されているフィールドもある(@金華山)。

 先日、公益社団法人日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)で、映画『ダムネーション』の上映、および日本のダム建設反対に関する記者会見が行なわれた。記者会見の先陣に立って、日本のダム建設の現状などについてスピーチしていたのは、パタゴニア日本支社長の辻井隆行氏だ。パタゴニアは、数あるアウトドア企業の中でも、環境保護活動に対して、それ自体が企業の理念であり、使命でもあると公言している数少ない企業でもある。

 よく考えてみて欲しい。アメリカの企業が、ダム建設によって沈んでしまう日本の名もない小さな集落を守ろうと、建設に反対する人々のおかれた状況を、全世界に発信しているのである。小誌アキママも同じ(かなり規模は小さいが)アウトドアの関連企業として、頭の下がる思いであり、私たちも日本の自然保護のために積極的にアクションをおこさなくては、と決意をもってこのニュースを受け止めた。

 さて、そんななか、日本のアウトドア企業が、日本のさまざまな自然環境保護活動を行なっている団体に対し、資金援助という形で活動を支援をする、コンサベーションアライアンスジャパン(Conservation aliance japan 以下 CAJ)という団体があるのを知っているだろうか。

 CAJに加盟するのは、先のパタゴニアをはじめ、ザ・ノースフェース、スノーピーク、キーン、チャムス、マウンテンハードウェア、マックパック、ヘリーハンセン、モントレイルなどのアウトドアブランドをはじめ、アウトドアショップのWILD-1、キャンプ場のPICA、アウトドア雑誌を刊行するエイ出版社などのアウトドア関連企業9社12ブランドだ。

 これらのブランドが、各社の売り上げ規模によって集めた基金を環境団体に活動資金として援助・提供することは、間接的にユーザーが自然保護のために資金援助することになる。CAJは2000年7月に発足、これまでに累計で約6000万円近くを支援金として助成、昨年度だけをみても15グループに対し、700万円近い助成を行なった。

 公共事業という大義名分で、かけがえのない日本のアウトドアフィールドが壊されていく現状をこのまま黙って見ていていいはずはない。日本のアウトドアフィールドのすばらしさを知る私たちアウトドアユーザーひとりひとりの意識、そしてアウトドアカンパニーの志が今こそ問われている気がする。

 

 

 

 
 
ライター
滝沢守生(タキザー)

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。

line_box_foot