line_box_head

アノ人はやっぱり家でもサバイバル?8月26日、代官山蔦屋書店で、服部文祥の驚愕の暮らしぶりが明らかに!

(2015.08.01)

カルチャーのTOP

icon

画像

近所の林でカンゾウを収穫。カンゾウはおひたしにするとおいしい

画像02

ニワトリのヒナ。食べているのはシカの乾燥肉。もちろんシカは冬の猟期に服部さんがみずから撃ったもの

画像03

ミドリガメを解体中。ミドリガメは、正式にはミシシッピアカミミガメといい、アメリカ由来の外来生物。日本各地で野生化している。「とてもうまい。高級な地鶏の味」と服部さん

画像04

放置された梅林でウメの実を採取

画像05

オスのニワトリは、夜から朝にかけて物置のダンボールに入れて光を遮断し、鳴かないようにする

 昨年末の『サバイバル登山入門』(デコ)や、新刊『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)が好評発売中の服部文祥さんが、8月26日(水)に代官山蔦屋書店にてトークショーを行なう。

 今回のテーマは、「アーバンサバイバルのすすめ」、つまり都会でのサバイバルだ。

 服部さんといえば、シカを撃ったり、イワナを釣ったり、食料を現地調達して山旅を続ける“サバイバル登山”で知られるが、実は、家においてもサバイバルな暮らしを実践している。

 横浜の住宅地に住み、平日は都心に通勤しているので、決して特別な環境にいるわけではないのだが、そのサバイバルぶりは、驚くほど多彩、かつ工夫に富んでいる。

たとえば……。
・ 卵と肥料を調達するためにニワトリを飼っているが、オスは鳴かないように、夜から朝にかけて物置にしまっておく。 

・ タケノコ、カンゾウ、ハリギリなど、近所の林で食べられるものは、採ってきて食べる

・ ときには、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)やザリガニも食べてみる。

・ 薪ストーブで使う広葉樹を集めておく。それもよく乾燥させておく。

・庭のウッドデッキ作り、居間の床張りなどのリフォームは自分でやる

・庭で“野●ソ”をする(これはたんに気持ちいいからなのか、菜園の肥料としてなのか!?)

などなど。

 お金やモノに頼らずになるべく自力でやる……というサバイバル登山の思想が、都会でも貫かれている。

「自給自足的な暮らしに憧れるけど、都会では無理だなぁ」と嘆いているサラリーマンのみなさん。諦めてはいけません。とりあえず、服部さんの話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 観覧の申し込み、イベント詳細は代官山蔦屋書店へ!

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot