• カルチャー

2015年度〈アウトドア環境保護基金〉への申請締め切りまであとわずか

2015.12.16 Wed

滝沢守生(タキザー)

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

 アウトドア関連企業が会員となり、集めた会費を資金援助という形で環境保護団体に支援する、コンサベーションアライアンスジャパン(Conservation Alliance Japan 以下 CAJ)という基金団体が設立されてから15年。これまでに、日本各地で草の根に活動をしてきた141もの団体に対し、7000万円以上を拠出。昨年度だけをみても15団体に対し、700万円近い資金提供を行なってきた。
  
 現在、CAJに加盟するのは、設立時の会員企業でもあるパタゴニア、ザ・ノースフェイス、WILD-1をはじめ、スノーピーク、キーン、チャムス、マウンテンハードウェア、マックパック、ヘリーハンセン、モントレイルなどのアウトドアブランドやショップに加え、キャンプ場のピカ、アウトドア雑誌を刊行するエイ出版社まで、アウトドア関連企業9社12ブランド。190社もの企業が会員となっている本場アメリカのコンサベーションアライアンスに比べるとまだまだ寂しい数ではあるが、自然保護活動を地道に行なう団体にとっては、心強い存在であろう。

支援の対象となるのは、アウトドアフィールドとして価値のある自然地域や、その環境の豊かさを示す貴重な動植物の保護を目的に活動をする団体で、上限50万円が資金援助される。2015年度の助成申請の締め切りは、来年2月15日、CAJのホームページから申請できる。

 日本のアウトドアムーブメントが多様な広がりを見せるいっぽう、日本の自然環境やアウトドアフィールドが置かれている現状は、当時よりもさらにシリアスなものになっているともいえよう。そのような状況の中、地道に活動している団体のおかげで守られてきた自然やフィールドがあることを私たちは忘れてはならない。

滝沢守生(タキザー)

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

本サイト『Akimama』の配信をはじめ、野外イベントの運営制作を行なう「キャンプよろず相談所」を主宰する株式会社ヨンロクニ代表。学生時代より長年にわたり、国内外で登山活動を展開し、その後、専門出版社である山と溪谷社に入社。『山と溪谷』『Outdoor』『Rock & Snow』などの雑誌編集に携わった後、独立し、現在に至る。コンサベーション・アライアンス・ジャパン事務局長。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント