line_box_head

モンゴル・アルタイ山脈スキー滑走 3日間限定の写真展開催

(2016.10.19)

カルチャーのTOP

icon

 モンゴルはユーラシア大陸の内陸部にあり、南側を中国、北側をロシアに囲まれた内陸国。平均標高が1,500mという高地に大草原とゴビ砂漠を有する国であり、13世紀にはチンギス・ハーンにより世界最大の国家・モンゴル帝国をつくったことでも知られています。

 9月にはアウトドアライターのホーボージュンさんもモンゴルに出かけ、その旅の話がAkimamaにて前後編で掲載されました。

 そんなモンゴルへ今年の春に遠征し、スキーで山々を滑走した日本のプロスキーヤーたちがいたのをご存知でしょうか。

 そのライダーとは山木匡浩さん、楠泰輔さん、佐藤藍さんの3名。

 スキーのフィールドとしては知られてないモンゴルですが、彼らはその西部、東西2,000kmに渡って横たわるアルタイ山脈を目指しました。「まるで別の惑星におりたったかのかと思った」という黄土色と赤茶の広大な原野。そこに見つけた白く輝く大斜面に描くスキーの軌跡はどのようなラインだったのでしょうか。
 その一部始終をスポーツ専門のフォトグラファーチームAFLO SPORTに所属するフォトグラファー・松尾憲二郎さんが切り取り、今回「SKIING MONGOLIA」という写真展として東京・代官山でお披露目されることになりました。ちなみに、松尾さん自身も過去にはフリースキーイングのワールドツアーを選手として転戦してきたという実力派です。
 主催はこの3名のスキーヤーをサポートしているアウトドアブランド「PeakPerformance」。開催3日間の中日の夜には報告会も行なわれるそうで、こちらは定員60名のところ現在すでに50名ほどが予約で埋まっているとのこと!
 写真展の会期中は3名のライダーとフォトグラファーが終日会場にいるそうですので、直接旅の話もうかがうことができそうです。

PeakPerformance Presents
SKIING MONGOLIA
■遠征メンバー:スキーヤー 山木匡浩、佐藤藍、楠泰輔
■フォトグラファー:松尾憲二郎(AFLO SPORT)
■写真展会期:2016年11月11日(金)~13日(日)
        11日(金)14:00~20:00
       12日(土)10:00~17:00 報告会 18:00~20:00 ※要予約
       13日(日)10:00~18:00
■会場:ヒルサイドテラス エキシビジョンルーム
    東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1F
    ※会期中のお問い合わせ:TEL.03-3477-7030
■入場料:無料 
■お問い合わせ、報告会の予約
 peakperformance@rctj.com(担当:田中)

 

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot