line_box_head

実戦主義選曲録 其の十 二十歳に贈る「なすがままに〜Let It Be」

(2017.01.17)

カルチャーのTOP

icon

画像

レゲエの老舗レーベル、トロージャンからリリースされたビートルズのトリビュートアルバムにも収録されている。プロデューサーは、昨年フジロックにも出演したリー・ペリー。

画像02

BIG HOMIE CARNIVALは今年の1月9日に初開催された。HOMIEとは 同じ背景、価値観を持つ仲間の意味を持っている。

野外選曲家・河合桂馬の実戦主義選曲録 其の十
Let It Be/The Soulettes & The Upsetters

『苦境に立たされたことに気づいたら
マリア様が現れて
叡智の言葉をくれた なすがままに
暗闇に包まれた時も
彼女は目の前にいて
叡智の言葉をくれた なすがままに
なすがままにゆけばいい
叡智の言葉をささやくのさ なすがままに』

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞ「実戦主義選曲録」を宜しくお願いします。

 ということで、河合桂馬の2017年一発目のフェスDJは、1月9日の成人の日に渋谷GAMEで開催された「BIG HOMIE CARNIVAL」でした。ライフスタイルブランドである「Cloveru」主催の屋内型フェスで、GOOFY'S HOLIDAY、DJ GORIなど、Cloveruゆかりのアーティスト、DJが出演しました。10時30分という少し早めのオープン時間にも関わらず、会場外にはオープン待ちの行列。イベントスタートと同時に会場は熱気に包まれました。

 ちなみに1982年生まれである僕の成人式は2003年の1月でした。一年浪人して2002年に大学に入り、一年生で1単位(体育)しかとれずに留年するという事実はその2ヶ月後に知ることになるのですが(笑)。

 二十歳の時に、女の子にモテたいというヨコシマでありがちな動機でDJをはじめてから、今年でDJ活動15年目を迎えることになります。大学を5年かけて取得単位ギリギリでなんとか卒業し、卒業後は新卒で洋服屋に勤め、その後アウトドアブランドのPRという仕事を経て、今はDJを生業にしているなんてことは、当時の二十歳の僕は想像もしてなかったけれど、ひとつ言えることは、今までの経験すべてが僕の財産であり、自分の気持ちに正直に、なすがままにやってきただけだということです。

 イベント当日の朝、二十歳の頃に無理して買ったダナーライトを履き、二十歳の頃から使い続けているベスタックスのレコードBAGにこの曲を入れて、会場に向いました。

「Let It Be/The Soulettes & The Upsetters」

言わずと知れたビートルズの名曲ですが、これをそのまま原曲でかけるのはDJとして面白くないので、こんなリミックスを。

 今年一年、どんな年になるかはわかりませんが、なすがままに楽しんでいきたいと思います。

『この世界を生きる 傷ついた人々が
答えはそこにあると感じるのさ なすがままに
離ればなれになる日が訪れても
また会えるチャンスだってまだ残っていて
答えはそこにあるのさ なすがままに
なすがままにゆこう
叡智の言葉をささやくのさ なすがままに』

文=河合桂馬 http://keimakawai.com

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot