line_box_head

【トルデジアン走ってきた #5】ワ~ォ(*/▽\*)衝撃のシャワー事情、無双モードからの睡眠不足、迫る関門…レース中盤もドラマチックだ

(2018.03.05)

アウトドアのTOP

icon

世界屈指の山岳耐久レース“Tor des Geants(トルデジアン)”。今年も世界中の猛者達がエントリー、抽選により2018年の挑戦者が決まったばかりだ。昨年このレースに挑んだライターの中島エマさん(33歳、独身、女性)が、レース完走までをAkimamaで短期連載中。お待たせしました。今回はレース中盤、ステージ4、ステージ5を一挙掲載です。

▼前回のお話はこちら
【トルデジアン走ってきた #4】ゾンビと化した第2ステージ、復活の第3ステージ



 330km、制限時間6日と6時間。難関のトレイルランニングレース、Tor des Geants(トルデジアン―巨人達の旅)。スタート早々に気管支炎になり酸素が足りず高山病でゾンビと化し、復活したと思った矢先に、牛も飲む水(?)を豪快に飲んで食あたりで下痢と嘔吐に苦しむ。レース中に出会う他国の選手に励まされながら、100kmを越えて気分は最高潮に。意気揚々と3つ目のライフベース、151km地点へ到着した。

* * *

9月12日 16:00。レース3日目、DONNAS 151.3km。

 DONNASに着くと、とりあえず汗だくの身体と途中に買い食いしたジェラートでベタベタになった手を洗い流したかった。トルデジアンのライフベースとなっている建物の多くはスポーツセンターのような場所で、食事や睡眠のほか、シャワーを浴びることもできる。1週間に及ぶレースの途中で汗を流して着替えることができるのは有難い。3日目を迎え、さすがに身体から異臭を放っていた。

「シャワーはどこですか?」
「こっちよ」
 通された場所は女子トイレだった。もう一度、別のスタッフに声を掛ける。
「シャワーを浴びたいんですが、どこですか?」
「こっちよ」

 また同じ場所に通される。私と同じように案内された女性と顔を見合わせて首をかしげる。
「シャワーはどこですか?」
「だから、ここ、この中」
 スタッフがガチャガチャとトイレの個室のノブをひねって勢いよく扉を開けた。
「オウ、ノー!」

 和式みたいな便器の上を跨いでいる裸の女性がびしょ濡れでこちらを向いていた。かろうじて手で上下を隠している。あまりの衝撃的な光景にわたしも隣の女性も後ずさりした。

 シャワーが一体型のトイレ? らしく、便器は日本の和式風、壁に無造作に立てかけられている“すのこ”を敷く。その上に立って、便器の上でシャワーを浴びるのだ。トイレットペーパーの横にシャワーヘッドが付いているというレイアウトだった。学生時代にアジア諸国を旅していたこともあり、たいていの環境は受け入れられるタイプだったが、これはなかなか勇気が必要だった。モワッと上がる蒸気を吸わないように鼻をつまんで手早く浴びて、真っ裸のまま個室を出て、手洗い場で着替えた。極限になれば人間だいたいなんでもできるものである。

 髪を濡らしたまま大きなホールに戻ると、応援に来ていた友人に会うことができた。

「エマちゃん、ビール、飲むでしょう?」

 ニコニコしながら生ビールを注いでくれた。日本では信じられないけれど、トルデジアンのライフベースにはビールがある。しかも、生ビールのサーバーがドカッとドリンクコーナーに鎮座している。もちろん、自己責任で飲み放題。日本では高価な美味しいチーズやハムが食べ放題、シャワーもあり、寝床もある。マッサージもしてくれるし、メディカルチームもいる。その上ビール飲み放題! ヨーロッパアルプス1週間、こんな贅沢な環境でエントリー費8万円なら、コスパ最高。

 自信を持って言える。33歳、好きな酒はビール。
 今まで飲んだビールで一番美味しかったことは言うまでもない。

「ちょっとだけ寝てきます!」

 お腹もいっぱいになって、まだ気温も高い日中にほろよいのお昼寝気分で眠れるなんて最高だった。が、起きたら1時間半経っていた。寝坊した。お酒って、こわい。

 魔法のマッサージを受ける時間も無くなってしまった。バタバタと準備してライフベースを飛び出した。

慌てて着替えてコーディネートがはちゃめちゃになってしまった。それぞれのアイテムの良さを打ち消す破壊的色合わせ。ダサい。

 トレイルに入るまで長いロードを走った。後半になると、林道やロードがますます長く、「下山後からエイドまでの区間」だけでなく「エイドから登り始めるまでの区間」のどちらもしっかり走らなければならなかった。

だいたい一駅分ならぬ一町分は走る。

 やっとの思いでトレイルに入ると、前を3人のイギリス人男性が歩いていた。3人とも30代くらいでワイワイと仲良さげだった。イギリス人の英語が聞き取りやすく、ラジオ気分で彼らの会話に聞き耳を立てて楽しんだりもした。

「うちの奥さんはすぐ怒り出すんだよお~」
「うちもこわいよ!トルデジアンに出るまでが大変だったよ~」
「オレも!何て言ってOKもらった?」
「毎日連絡するから、って言ったんだけど」
「でも毎日は大変だよね。レースはすごくハードだし」
「でも電話しないとかかってくるんだよ」
「マジ!?」
「子供達の声聞かせてさ、早く帰ってこいって言うんだよ」
「でもリタイアは許してくれなくない?」
「そうなんだよ!お金がもったいないとか言ってさ」
「もうどっちかわからないよね~」
「でも楽しいよね~」
「ほんと楽しいよね~」
「次でビール飲む?」
「おれはワインかな~!」
「あのパスタ美味くない?」
「スープでしょ!あれは美味い!」
「あ、やべ、奥さんから電話だよ!」
「マジか!出たほうがいいんじゃない?」

 だいたいこういう会話は万国共通らしい。
 330km走りながら英会話の勉強ができるなんて一石二鳥だったけど、だんだんついていけなくなり、ひとりになってからの上りの記憶は曖昧になってしまった。いつの間にか日が暮れていた。

 覚えていること言えば、延々と続くロードの上り坂で、たまに通り過ぎる家の灯りから家族の幸せそうな笑い声が聞こえるのをひとりぼっちで聞いていたことくらいだろうか。楽しいレースの中でも、なんだかとてつもなく寂しい気分だった。長い長い石段を登った気がする。暗くてよく見えなかったが、要塞のようだった。

 次に目指すは、有名な小屋、Rifuge Coda(コーダ小屋)。コーダまでの上りは、今回のレースで辛かった場所の5本の指に入るかもしれない。途中の小屋でベッドで寝ることを望んだが、1時間待ちだった。しかも待ち時間を外で過ごせという。とんでもない、外は氷点下だ。立ち止まると身体がガタガタ震える。レストランの隅っこのテーブルの下に潜り込み、身体を丸めて5分だけ目を閉じて、再びCodaを目指した。軽快に下りてくるハイカーに「あとどのくらい?」と聞くと「40分だね!」と言われて40分経ってもただの登りだった。ピョンピョン下りて行くハイカーの脚の長さはわたしの3倍あったのかもしれない。

 うんざりするほどの急坂と長い登りの途中で、エマージェンシーシートに包まって座り込んでいる男性の周りを他の選手が取り囲んでいた。シートに包まる男性はガタガタと震えている。

「What's wrong?」(どうしたの?)
「All right. I already called staff.」(大丈夫、もうスタッフを呼んだから)

 大会スタッフが駆け下りてきた。後ろを振り返ると、男性は震えながらも首を振り、声を上げて泣きながらゼッケンを隠していた。

 トルデジアンでは、コース上で寝ることが許されていない。見つかると失格となる。座って休んだとしても、寝てはいけない。それは選手の安全を考えた上でのルールだ。きっと選手のだれもが葛藤している。もうやめてしまいたい、だけどやめたくない。ゴールしたい、だけど動けない。つらい、だけどやめたいわけじゃない。睡魔や疲労に耐えきれず座り込む選手達は皆、声を掛けられると慌ててゼッケンの名前と番号を隠した。

 わたしは唇を噛みしめ、無意識にこぼれた涙をぬぐって先を目指した。そこから小屋までは、ものの数十分の距離だった。小屋では、温かい飲み物と優しいスタッフが待っていたが、わたしが小屋を後にするまでに、選手が運ばれてくることはなかった。あともう少し歩けていたら、温かい場所で休むことができていたら、彼のレースはもっと違ったのだろうか。

 自分の限界など、自分にしかわからない。けれど、判断を誤ると危険に身を晒す。判断? そんなことができるのだろか? この状況で? 自分に?

1 2 3
 
 
ライター
中島 英摩

ライター。テント泊縦走から雪山登山まで1年を通じて山に通う。趣味が高じてライターとなり、トレイルランニングの取材・執筆をメインに、国内外の長距離レースにも出場している。特技は走りながら取材すること。

line_box_foot