line_box_head

今年もやります! えびな市民まつりに天然雪の遊び場が登場。「雪でアソビナ」は7月23日 !!

(2017.07.14)

カルチャーのTOP

icon

 真夏の海老名運動公園に天然雪が運び込まれ、涼やかなキッズパラダイスが出現します。

 すっかりおなじみになった「えびな市民まつり」内で開催される「雪でアソビナ」は、この日のためにキープしておいた20トンもの天然雪を、新潟県の山古志から輸送。強い日差しを避けるため搬入は夜間、そして少しでも雪の状態を保つため、圏央道を使って移動時間を最短に。こうして、まだ雪で遊んだことがない子どもたちに天然雪をプレゼント。雪遊びやソリ体験など、普段では味わえない雪国の遊びを体験してもらおうというイベントです。

 今年の開催は7月23日。会場ではスケートボード体験会や協賛ブランドのブース出展の他、豪華賞品が当たる抽選会、この夏におすすめのレジャー施設やスキー場の案内、見逃せないお得な物販などもおこなわれます。さらに、今年はスノーボード体験会も開催。もちろん入場料は無料!

 こどもたちの絵日記の最初のページは雪遊び!なんて夏はいかがでしょうか?

■雪でアソビナ【真夏に天然雪で遊べるイベント】

開催要項など、詳しくはこちらへ
https://www.facebook.com/yukideasobina/

「えびな市民まつり」についてはこちらの公式サイトへ
http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1487922594711/index.html

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot