• フェス

世界遺産に登録されている自然豊かな五箇山で、キャンプインフェスが初開催される。

2017.06.07 Wed

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 梅雨に入ろうとしている6月。春から秋にかけて、毎週のように開催されている野外フェスも、梅雨の時季だけは少なかった。それが今年、この野外フェスが少ない時季に、新しいフェスが相次いでスタートする。北軽井沢で開催されるTHE CAMP BOOK。そして、この五箇山音楽祭。「世界遺産を五感で感じてみよう」というキャッチフレーズのもと、6月10日〜11日に開催される。

「五箇山には、地域の人たちが大切にしてきた自然があります。その大自然のなかで、キャンプしながら素敵な音楽を聞けたら素晴らしい時間になるだろうな。そんな思いを持っていたのですが、それが少しずつ大きくなって、ついにはフェスを開催するということにいたったんです」と答えてくれたのは、五箇山音楽祭を企画したRAMcandleのponさん。

 ponさんとは、数年前に富山で開催されている夏フェス、ホットフィールドで初めて会った。ponさんはキャンドルで出店。ワークショップには多くの子どもたちも参加していた。ponさんはホットフィールドだけではなく、数々のフェスに出店することで、いつか自分たちでもフェスをオーガナイズしたいと思ったに違いない。そして自然が残された五箇山に行き着いたのだろう。豪雪地帯の風土によって、傾斜の急な大きな屋根を持つ合掌造りの家屋が生まれた。そして五箇山は1995年には世界遺産にも登録されている。

「昔ながらの伝統や文化が残されていて、タイムスリップしたかのような感覚になります。透き通った空気、歴史を感じる建造物、地元の人によって大切に守られてきた文化が継続的に守られているところにも大きな魅力があると思います。富山県は、夏以外には天気のいい日が続くことが珍しいんですね。1年のなかでは、6月のこの時季がもっとも過ごしやすいんじゃないかと。会場の自然を五感で感じてもらいたいなと思っています」

 キャンプインフェスは、自然の中で開催されることが多い。そのなかでも、この五箇山音楽祭ほど、自然の真ん中にいると感じられるフェスはないだろう。400人限定のキャンプインフェス。最高に気持ちいい時間が、そこにあるに違いない。

五箇山音楽祭

開催日:6月10日(土)〜11日(日)
会場:桂湖ビジターセンター(富山県南砺市桂)
出演:鎮座DOPENESS & DOPING BAND、VIDEOTAPEMUSIC、Indus & Rocks、OBRIGARRD、CHAN-MIKA、他

 
 

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

Akimama公式ソーシャルアカウント

# キーワードタグ一覧